タイトリスト T350 アイアン (2023) 評価 やさしさと安定感、高弾道が際立つ!

タイトリスト T350 アイアン (2023)

こんな方におすすめ!

  • ラージサイズのヘッドで、やさしく高弾道のショットを打ちたい!
  • ミスヒットに強く、安定感のあるアイアンが欲しい!

総合評価 8.2点/10点満点

  • 飛距離性能 8.5点
  • 球の上がりやすさ 8.5点
  • 直進性 8点
  • 寛容性 8.5点
  • 構えやすさ 8.5点
  • 打感、打音 7点

T350 アイアン (2023)を試打した感想は・・

  1. Tシリーズらしい高弾道を、オートマチックにやさしく打てるアイアン!
  2. ぶれない弾道で、ターゲットをまっすぐに狙っていける!

タイトリスト T350 アイアン (2023)

2023年8月25日に発売開始が予定されているのが、タイトリストTシリーズの4機種 (T100、T150、T200、T350)!

今回試打したT350は、もっとも“やさしい”という位置づけのアイアンとなります。

「THE ULTIMATE GAME IMPROVEMENT IRON (劇的にゲームを改善するアイアン)」がコンセプトで、最大限の飛距離と許容性が特徴! アベレージゴルファーを自認する筆者にとっては、注目のアイアンです!

外観

T350 アイアン (2023) バックフェース

前作のT300 (2021)から劇的に変わったのが、バックフェースのデザイン

正直、前作はお世辞にも「かっこいい」とは言えなかったのですが (汗)、今作はT100やT150、T200に連なるデザインの統一性が感じられ、かなり“かっこよく”なりました

高級感も感じられ、アベレージ向けのラージサイズアイアンとしては抜群に洗練された外観です!

 

T350 アイアン (2023) ソール

ソールの外観。T100やT150、T200同様に“バリアブルバウンスソール”が採用されています! 抜群の抜けとショット時のフィーリングの向上が図られているとのこと。

 

T350 アイアン (2023) フェース

フェースの外観は極めてオーソドックスで、違和感はほとんど感じませんでした!

 

T350 アイアン (2023) ボディ

ボディは全体的に厚みがあり、分厚くボールを弾き飛ばしてくれそう

 

T350 アイアン (2023) ネック

ネックの外観。

 

T350 アイアン (2023) トップブレード

アベレージ向けアイアンらしい、ラージサイズのボディが印象的

トップブレードには厚みがあり、グースもしっかりと入っていました

 

T350 アイアン (2023) アドレス

アドレスすると、フェースの向きはほんの少しターゲットの左を向く「つかまり顔」。ヘッドの座りは良好で、違和感なくスッと構えることができました。

大き目のヘッドは好みが分かれそうですが、個人的にはぎりぎり許容できるかな・・という絶妙な大きさでした!

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正のスチールシャフトとなるN.S.PRO 880 AMC、フレックスはSでした。

T350 アイアン (2023) シャフト

手に取ってみての重量感は、適正~やや軽め。素振りをしてみると、しなりをほとんど感じることなく軽快に振り抜くことができました。

ヘッドの存在感がちょっと強めかな・・という印象でしたが、シャフトとヘッドのバランスは良好だと思いました。

 

打ってみて感じたのは、軽やかに弾き飛ばす硬質な打感!T200でも感じた複合素材のヘッドらしい「人工的な」感触が、やや強めでした。

フェースへの“乗り感”は、ほとんど感じることができず。クラブから伝わるインフォメーションは、ごく僅かでした。

打音は、「カチッ」という硬質な音。個人的には、もう少ししっかり目の打感やフェースへの乗り感が欲しかったというのが、正直な感想でした。

弾道、寛容性、飛距離性能

試打クラブは、ロフト角29°の#7。いわゆる、「飛び系」に分類されるロフト角となります。

弾道の高さは、しっかりと出ていました!T100やT150と比較すると低めではありますが、T200と遜色ない弾道の高さとなっていました。

 

また、高い安定感も印象に残りました。スイング軌道が多少変わったり打点がブレても、弾道がふらふらしない

狙ったところに向かって直進性高く高弾道でドスンと着弾するという飛び様で、実戦力がかなり高そうなアイアンだな・・と感じました。

 

ヘッドの見た目どおり、操作性はほとんど感じられませんでした。まっすぐに振り上げて、そのまま振り抜くというスイングが最も適している印象。

クラブが最適なスイング軌道に導いてくれるオートマチックさがあり、この点でも安定感が高いと思いました。

 

ミスヒットへの寛容性は、高かったです。多少の打点ブレではむしろミスが分かりづらくなってしまう程の高い“お助け力”が発揮されていました。

打点の安定しないアベレージゴルファーにとっては、かなりの恩恵がありそう。ステルス HD アイアンPARADYM MAX FASTアイアンといった他社のアベレージ向けと比較しても、同等かそれ以上の寛容性がありそうでした。

 

飛距離性能は、そこそこかな・・という印象。ヘッドスピード40m/s前後の筆者でキャリー160ヤード前後と、同時に試打したT200とほとんど変わりなかったです。

ロフト角(29°)やヘッドのテクノロジーからはもう少し飛ぶのかなと思っていたので、やや意外な結果でした。

クラブのコンセプトとしても、T200よりもプラス10ヤードくらいあってもよかったかな・・と思いました。

総評

ラージサイズのヘッドで、安定した弾道をやさしく打っていけるアイアンだな・・というのが第一印象。

その上で、特に印象残ったのが弾道の高さ!Tシリーズはどのモデルも高弾道が特徴ですが、「飛び系」に分類されるこのT350でもしっかりと弾道の高さが確保されていました。

また、ミスヒットへの寛容性も高く、アベレージ向けアイアンとして隙のない出来になっていると思いました。

 

個人的に難点を挙げるとすれば、打感が硬めで人工的な点なこと。芯を食ったショットでも手に残る感触が「ぼやけて」しまい、この点は残念なところでした。

 

対象となるのは、スコア100が安定して切れないアベレージゴルファー

オートマチックに飛ばしてくれるアイアンなので、エンジョイしたいゴルファーにもお勧め!

ヘッドスピードは低くても問題なさそうですし、シャフトをうまく選択すれば女性の方でも十分に使えるアイアンだと思いました。

 

2023年Tシリーズで、前作よりも最もかっこよくなったな!というのがこのT350であるのは間違いないです!

性能面でも、大きく進化しています! 気になる方は、是非手に取ってみてください!

タイトリスト T350 アイアン (2023)の購入ならフェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です