タイトリスト TSR1ドライバー 評価 軽くて高弾道のタイトリストドライバー!

タイトリスト TSR1ドライバー

タイトリスト TSR1 ドライバー Titleist TSR1 DRIVER

こんな方におすすめ!

  • 軽くて扱いやすいタイトリストのドライバーが欲しい!

総合評価 7.8点/10点満点

  • 飛距離性能 8点/10点満点
  • 球の上がりやすさ 8点/10点満点
  • 直進性 8点/10点満点
  • ミスヒットに対する寛容性 7.5点/10点満点
  • 打感、打音 7.5点/10点満点
  • 扱いやすさ 8点/10点満点

タイトリスト TSR1 ドライバーを試打した感想は・・

  1. 強弾道といったTSR シリーズのドライバーの特徴は踏襲しつつ、軽量化やオートマチックさ、高弾道といったアベレージ向けの要素が搭載されたドライバー!
  2. 一発の飛びよりも弾道の安定感を重視したセッティングで、実戦的

 

タイトリスト TSR1 ドライバーとは?

タイトリストTSR シリーズの軽量モデルとして2023年2月にリリースされたのが、今回試打したTSR1 ドライバー

ライトウェイト設計が生み出す驚きのスピード」がコンセプトとなっており、”最大限に高い打ち出し角度と飛距離性能”や“非常に高い寛容性”が特徴となっているとのことです。

TSRシリーズとしては、もっとも「やさしい」モデルという位置づけ!

アベレージゴルファーを自認する私に、ピッタリとハマりそうなモデルですので、興味深く試打してみました。

 

外観

TSR1 ドライバー ソール

ソールには、細い矢じりのような一本線が配置されています。TSRシリーズで統一感のあるデザインですね!

シンプルで男前、カッコいい外観だと思います!

 

TSR1 ドライバー フェース

フェースはまあまあディープだな・・と思いました。

TSRシリーズに共通のテクノロジー「マルチプラトーVFTデザインフェース」が搭載されており、高い反発力を広範囲で実現しているとのこと。

 

TSR1 ドライバー ボディ

横方向からの外観。

後方へのストレッチが大きく、薄く平べったいボディだと思いました。

 

TSR1 ドライバー 後方

後方からの眺め。

 

TSR1 ドライバー ネック

ネック部分。

軽量ドライバーながら、「カチャカチャ機能 (=SureFit調整機能)」が搭載されていました。

標準設定となる「A・1」で試打してみました。

 

クラウン

クラウンは、鏡面仕上げの黒一色!

後方へのストレッチが十分にとられていて、投影面積はかなり大きい!

 

TSR1 ドライバー アドレス

フェースの向きは、ターゲット方向に対してほぼニュートラル

ボールが小さく見えてしまう程、投影面積の大きさは際立っていましたが、構えづらさは感じませんでした

まっすぐ引いて、余計な操作をせずに振り抜けば、オートマチックに飛ばしてくれそう・・という外観で、安心感はとても高いと思いました。

 

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正 (オリジナル)となるTSP120で、フレックスはRでした。

TSR1 ドライバー シャフト

シャフトの特徴としては、「癖がなく、つかまりが良くて振りやすい」「シャフト全体がしなり、高い打ち出し角度で大きなしなりが得られる」とのこと。

全体的な重量感としては、「軽いな!」というのが率直な印象。

ゼクシオなどの国内ブランドに匹敵しそうな軽さで、扱いやすさは感じるものの、個人的には少し軽すぎるかな・・とも思いました。

ワッグルしてみると、シャフトはかなり軟らかい!

素振りでは、切り返しからダウンスイングにかけて終始しなりを感じました。

 

打感は、やや硬質な弾き感が中心!

真芯でとらえた時にはフェースにボールが乗る感触も感じられましたが、少しオフセンターになると硬さが強調される打感になっていました。

打音は「バチッ」というやや硬めの音。節度のある音で、特に大きな問題はないと思いました。

 

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブは、ロフト角10°のモデルでした。

弾道は、かなり高め!

打ち出しからロフト角以上に高く上がって、高めの上昇角度を保ちながら棒玉状に飛んでいくという弾道でした。

びっくりするほど極端に高いという訳ではなく、これくらいの高さは欲しいな・・という「いい塩梅」の高さだなという印象でした。

 

ヘッド形状からも推察されるとおり、操作性は少なく、ほぼオートマチックに打っていくドライバーだと思いました。

余計な操作をせず、まっすぐ引いてまっすぐに当てれば、まっすぐに高弾道で飛んでいく・・というイメージで間違いないと思います。

左右への曲がりも、ほとんどなし。

ミスヒットしてもボールの挙動は終始安定していて、お助け機能は高めだな・・と思いました。

 

飛距離性能は、そこそこかな・・といったところ。

一発の飛びよりも、安定感を重視したセッティングになっている印象でした。

ヘッドスピード40m/s前後の筆者で、キャリー180~190ヤードといったところ。

ランがかなり出そうな雰囲気で、トータルでは200ヤードは安定して超えていました。

 

総評

TSR シリーズのドライバーを使いたいけれど、TSR2などでは厳しいかな・・という方に向けて作られたクラブだな、というのが第一印象でした。

打感の雰囲気は良くも悪くもTSR2 ドライバーに近く、オフセンターで当たった時の硬めの打感までそっくりなのが、印象的でした。

弾道に関しては、高弾道という要素をうまく加えているな・・という印象。

強めの弾道といったTSR2 ドライバーの特徴は踏襲しつつ、軽量化やオートマチックさといったアベレージ向けの改良を施したモデルになっていると思いました。

 

気になったのは、シャフトがちょっと軟らかすぎるかな・・といった点

私レベルでも、やや当たり負けしてしまっている雰囲気があり、少しだけ不満感が残りました。

フレックスRの純正シャフトですので仕方ないかもしれませんが、個人的にはフレックスSや他のカスタムシャフトも試してみたいと思いました。

 

対象になるのは、TSRシリーズを使ってみたいアベレージゴルファーになるかな・・という印象

ミスヒットに対する寛容性もそこそこあって、オートマチック感も強いドライバーですが、ものすごくやさしいかと言うとちょっと違うかな・・という感じです。

こういった性能であれば、国内メーカーやキャロウェイあたりの方が優れているかな・・というのが個人的な印象でした。

 

タイトリストユーザーで、ヘッドスピードやパワーに自信がなくなってきた方にもお勧め!

一見さんお断り感もあり、このあたりもタイトリストらしいかな (笑)と思いますが、気になる方は是非試打してみてください!

タイトリスト TSR1 ドライバーの購入なら、フェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品で、シャフトカスタムも充実。

購入は、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です