タイトリスト TSR1ドライバー 評価 軽くて高弾道のタイトリストドライバー!

タイトリスト TSR1ドライバー

こんな方におすすめ!

  • 軽くて扱いやすいタイトリストのドライバーが欲しい!

総合評価 7.8点/10点満点

  • 飛距離性能 8点
  • 球の上がりやすさ 8点
  • 直進性 8点
  • ミスヒットに対する寛容性 7.5点
  • 打感、打音 7.5点
  • 扱いやすさ 8点

TSR1 ドライバーを試打した感想は・・

  1. TSR シリーズの強弾道は踏襲しつつ、アベレージ向けの要素が加わったドライバー!
  2. 一発の飛びよりも弾道の安定感を重視したセッティング!

タイトリスト TSR1 ドライバー

タイトリストTSR シリーズの軽量モデルとして2023年2月にリリースされたのが、TSR1 ドライバー

「ライトウェイト設計が生み出す驚きのスピード」がコンセプト! ”最大限に高い打ち出し角度と飛距離性能”や“非常に高い寛容性”が、特徴となっています。

TSRシリーズとしては、もっとも「やさしい」モデルという位置づけで、アベレージゴルファーを自認する私にピッタリとハマりそうなモデルです。興味深く試打してみました。

外観

TSR1 ドライバー ソール

ソールには、細い矢じりのような一本線が配置されています。シンプルで男前、カッコいい外観です!

 

TSR1 ドライバー フェース

フェースはまあまあディープ・・。

「マルチプラトーVFTデザインフェース」が搭載され、高い反発力を広範囲で実現しています。

 

TSR1 ドライバー ボディ

横方向からの外観。後方へのストレッチが大きく、薄く平べったいボディでした。

 

TSR1 ドライバー 後方

後方からの眺め。

 

TSR1 ドライバー ネック

ネック部分。「カチャカチャ機能 (=SureFit調整機能)」が搭載されていました。標準設定となる「A・1」で試打してみました。

 

クラウン

クラウンは、鏡面仕上げの黒一色!後方へのストレッチが十分にあり、投影面積はかなり大きかっです!

 

TSR1 ドライバー アドレス

フェースの向きは、ターゲット方向に対してほぼスクエア!

ボールが小さく見えてしまう程、投影面積の大きさが際立っていました。それでも、構えづらさは感じなかったです。

余計な操作をせずに振り抜けば、オートマチックに飛ばしてくれそうな外観。安心感はとても高いと思いました。

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正 (オリジナル)となるTSP120で、フレックスはRでした。

TSR1 ドライバー シャフト

全体的な重量感としては、「軽いな!」という印象。ゼクシオなどの国内ブランドに匹敵しそうな軽さでした。扱いやすさは感じるものの、個人的には少し軽すぎるかな・・と思いました。

ワッグルしてみると、シャフトはかなり軟らかい! 素振りでは、切り返しからダウンスイングにかけて終始しなりを感じました。

 

打感は、やや硬質な弾き感が中心!真芯でとらえた時には、フェースにボールが乗る感触も若干あります。それでも、少しオフセンターになると硬さが強調された打感になっていました。

打音は「バチッ」というやや硬めの音。節度のある音で、特に大きな問題はないと思いました。

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブは、ロフト角10°のモデルでした。

弾道は、かなり高め!打ち出しからロフト角以上に高く上がり、その上昇角度を保ちながら棒玉状に飛んでいくという弾道でした。これくらいの高さは欲しいな・・という「いい塩梅」の高さが出ていて、終始楽しく打つことができました。

 

ヘッド形状どおり、操作性は少なくオートマチックさが強調されていました。余計な操作は必要なし。まっすぐ引いてまっすぐに当てれば、まっすぐに高弾道で飛んでいきました。左右への曲がりも、ほとんどなかったです。

またミスヒットしてもボールの挙動は終始安定していて、お助け機能は高めだなと思いました。

 

飛距離性能は、そこそこかな・・といったところ。一発の飛びよりも、安定感を重視したセッティングになっていました。ヘッドスピード40m/s前後の筆者で、キャリー180~190ヤード。ランがかなり出ていて、トータルでは200ヤードを安定して超えていました。

総評

タイトリストのドライバーを使いたいけれど、TSR2では厳しいかな」という方に向けて作られたクラブと言っていいと思います! 打感はTSR2 ドライバーに似ていて、オフセンターでヒットした時の硬めの打感までそっくりでした。

弾道に関しては、高弾道という要素がうまく加わっていたのが特徴的でした。TSR2の強弾道は踏襲されつつ、軽量化ややさしさといったアベレージ向けの改良もしっかりと施されていました。

 

気になったのは、シャフトがちょっと軟らかすぎるかな・・といった点。私レベルでも、当たり負けしてしまう程の軟らかさでした。多くのタイトリストユーザーであれば、物足りなさを感じる可能性が高い純正シャフトだなと思いました。個人的にも、フレックスSやカスタムシャフトを試してみたかったです。

 

対象になるのは、概ねアベレージゴルファーだと思います。とはいっても、ものすごくやさしいクラブかと言うと、ちょっと違うかな・・という印象。

この手の“やさしめ”ドライバーあれば、国内メーカーやキャロウェイの方が優れているかもしれません。ですので、「タイトリストを使いたいけどTSR2は難しい」「タイトリストユーザーでヘッドスピードやパワーに自信がなくなってきた」といった方にお勧めかなと思いました。

 

一見さんお断り感もあって、このあたりもタイトリストらしいかな (笑)。気になる方は、是非試打してみてください!

タイトリスト TSR1 ドライバーの購入ならフェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です