タイトリスト T150 アイアン (2023) 評価 高弾道+強弾道のハイテクアイアン!

タイトリスト T150 アイアン (2023)

こんな方におすすめ!

  • 高弾道と強弾道でグリーンを狙っていきたい上級者!
  • T100 (2023)ほどの操作性は求めず、少しだけオートマチック感が欲しい

総合評価 8.7点/10点満点

  • 操作性 9点
  • 弾道の高さ 9点
  • 構えやすさ 9点
  • 打感、打音 9点
  • 飛距離性能 8.5点
  • 寛容性 7.5点

T150 アイアン (2023)を試打した感想は・・

  1. ヘッドに搭載されたテクノロジーによって、強烈な「高弾道+強弾道」を実現!
  2. T100 (2023)よりも操作性を若干マイルドにして、オートマチック感を高めたモデル!
  3. 濁りのない乾いた打感、打音が気持ちいい!

タイトリスト T150 アイアン (2023)

タイトリストの2023年モデルとして8月25日に発売開始が予定されているのが、Tシリーズ !

今回試打したT150 アイアンは、「T100にさらなる飛距離と寛容性を求めるプレーヤーへ」がコンセプト。前回レポートしたT100をマイルドにしたモデルという位置づけになります。

なお、2021年モデルではT100S アイアンがありましたが、T150はその後継モデルになります!

タイトリストT100S アイアン (2021) 試打評価/感想

“T150”ということで、いかにも「T100とT200の中間」とも言えそうなアイアン! 同時に試打したT100 アイアン (2023)とも比較しながら、興味深く試打してみました。

外観

T150 アイアン (2023) バックフェース

バックフェースの外観は、T100 (2023)とほとんど変わりなかったです!

 

T150 アイアン (2023) ソール

ソールは薄め! とはいえ、T100と比較するとごくわずかに幅広でした。

 

T150 アイアン (2023) フェース

バランスの取れた、違和感を感じないフェース面だと思いました。

 

T150 アイアン (2023) ボディ

横方向からの眺めも、T100とよく似ていました

あえて異なる点を挙げるとすれば、トップブレードにやや厚みがありボディ自体も少し肉厚かな・・といったところ。

 

T150 アイアン (2023) ネック

ネック部分の外観。

 

T150 アイアン (2023) トップブレード

フェースの大きさは、ほぼ適正だと思いました。

T100と比較するとトップブレードの厚みが少し増していて、安心感が感じられました。

 

T150 アイアン (2023) アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲットに対してスクエア! T100同様、ヘッドの座りも良好でした!

フェースの大きさやトップブレードの厚みが絶妙で、ナイスショットがイメージできる外観だと思いました。

振り抜き感、打感・打音

シャフトは、N.S.PRO MODUS3 TOUR 115、フレックスはSでした。

T150 アイアン (2023) シャフト

全体的な重量感は、適正~やや重め。個人的には、振りきれる範囲ギリギリの重量感でした。

素振りでは、MODUS3 115らしい軽量かつシャキッとした振り抜き感しなりの少ない「軽・硬」シャフトで、ヘッドとの相性は良好でした。

 

打ってみて感じたのは、しっかりとした手ごたえのある打感!同時に試打したT100と似ていて、ボールの「乗り感」も酷似していました。

あえて違う点を上げれば、T150の方が少しだけ軟らかさがありつつ弾き感も強いところ。T100のコアを打ち抜く感触が控えめになっていて、フェースに埋め込まれた樹脂が効果を発揮している印象でした。

打音は「バシッ」という乾いた音で、とても心地いい!

打感、打音ともに、濁りのないすっきりとした感触で、個人的にはとても好印象でした!

弾道、寛容性、飛距離性能

試打クラブは、ロフト角32°の#7。T100 (2023)がロフト角34°でしたので、2°だけ「立っている」ということになります。

打ち出し角は、やはり高いロフト角以上の打ち出し角で飛び出していく弾道は、T100にそっくりでした。

とはいえ、T100と比較すれば少しだけ「前へ」の推進力が強かったです!

それでもグリーンをとらえるには十分な高さが確保されており、このあたりはさすがタイトリストのアイアンと言ったところでした。

 

T100と比べると、このT150には少しだけオートマチック感が加わっていました。振り抜き感もT100の「腰高感」が薄れており、少しだけやさし目に味付けされている雰囲気

とはいえ操作性も十分に残されており、スイングによる弾道の打ち分けも容易に実現できていました。T100で感じた”ピーキーさ”は薄まっており、個人的にはいい塩梅で扱いやすさを感じることができました。

 

寛容性は、そこそこかな・・という印象。T100よりも若干ミスヒットには強くなっていましたが、打点ブレに対する寛容性は基本的にはシビアでした。

その分、芯でとらえた時の打感や弾道は、ほれぼれれするものがありました!T100同様に、フェースのごく狭い範囲に機能を集約させているといった雰囲気でした。

 

飛距離性能は、まあまあ高め!ドライバーヘッドスピード40m/sの私で、キャリー150~160ヤード、トータルで160ヤード前後。T100と比較すると、5~10ヤードは飛んでいました。

これだけの高弾道でこの飛距離を稼いでくれるんだ・・というのが、正直な感想!

総評

強烈な「高弾道+強弾道」を最新のテクノロジーで実現しているハイレベルなアイアン、というのが第一印象です。

T100でもほぼ同じ印象を持ちましたが、その上で感じたのはT100との差別化が結構はっきりしているなということでした。

具体的には、T100よりも①スイング軌道の安定感が増して、オートマチック感が感じられる②少しだけ弾道の高さを抑えることにより、前方への推進力が強調されている という2点になります。

基本的にはT100よりも扱いやすがグンと増していて、より多くのゴルファーに恩恵がありそうだなと思いました。

 

対象となるゴルファーは、T100同様に基本的には上級者になると考えます。

「T100程の操作性は必要なく、少しだけオートマチック感が欲しい」というゴルファーがベストマッチです。そういった点では、是非両モデルを打ち比べてほしい。

平均スコア80台はやはりマストですが、T100程はシビアではないので、もう少し対象ゴルファーは広そうかなと思いました。

 

高性能のスポーツカーに匹敵するアイアンと言っても過言ではなく、憧れの対象になりそう。外観もスマートでかっこよく、所有感も満たされるクラブです!

個人的には、おいそれと手を出せる代物ではありません。それでも、目を見張るほどの高弾道と強弾道、素晴らしい打感は、ちょっと忘れられなさそう・・

気になる方は、是非試打してみることをお勧めします! 素晴らしい出来になっていることは、間違いありません!

タイトリスト T150 アイアン (2023)の購入ならフェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

関連記事

※ タイトリストのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です