タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) やさしめロングアイアン!

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023)

こんな方におすすめ!

  • ロングアイアンを打ちこなせる技量がありつつ、やさしさを加えたい
  • ロングショットで積極的にボールを動かしていきたい

総合評価 8.3点/10点満点

  • 操作性 9点
  • 弾道の高さ 8点
  • 構えやすさ 9.5点
  • 打感、打音 8.5点
  • 飛距離性能 8.5点
  • 寛容性 6.5点

T200 ユーティリティアイアン (2023)を試打した感想は・・

  1. ロングアイアンに近い性能を持ちつつ、そのシビアさを和らげてくれるクラブ!
  2. ロングショットで積極的にボールを操っていきたい上級者に最適!

T200 ユーティリティアイアン (2023)

2023年タイトリスト新作のアイアン型ユーティリティの一つが、T200 ユーティリティアイアン! キャッチコピーは、“The Tour’s Choice for longer long” (ロングショットのためにツアーが選んだ)となっています (T200 ユーティリティアイアンのホームページより引用)。

アベレージゴルファーを自認する私にはかなり厳しいクラブですが、恐る恐る試打してみました!

外観

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023)

バックフェースのデザインは、T200 アイアンを踏襲

 

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) ソール

ソールには、2023年Tシリーズで採用されているバリアブルバウンスソールデザインを採用インパクトでの地面抵抗を減らして、素早い抜けをサポートします。

ソール幅は、U505と比較するとはっきりと小さかったです!

 

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) フェース

フェースはシャロ―だったU505とは異なり、オーソドックスな形状でした。

 

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) ボディ

U505と最も異なるのが、横方向からの眺め!「いさぎよさ」まで感じてしまうシャープなボディでした!

「技量とパワーで何とかしなさい!」と言われているかのような、シビアな外観 (笑)

 

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) ネック

ネック部分の外観。

 

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) トップブレード

トップブレードには、そこそこの厚みがありました。一方、U505で後方に張り出していたボディは、まったく見えませんでした

 

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲット方向に対して完全にスクエアヘッドの座りは良好で、ブレずにまっすぐビシッと構えられました

ボールが相対的に大きく見えてしまう程の、緊張感を感じる“小顔”! ツアーモデルとしての作り込みが感じられ、タイトリストの本気が伝わってくるようでした。

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正カーボンとなるTENSEI AV BLUE AM、フレックスはSでした。

タイトリスト T200 ユーティリティアイアン (2023) シャフト

手に取ってみての重量感は、適正~やや重めといったところ。

素振りをしてみると、振り抜き感がとても良好インパクト付近での「走り」を感じつつ、軽快に振り抜くことができました。

 

打感は、爽快な弾き感とボールの芯を打ち抜くような“手ごたえ”が共存したもの。

打音は「ビシッ」という、軽めながら乾いた爽快な音! 打感、打音ともに、軽やかな感触がとても気持ちよかったです!

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブは、ロフト角23°の#4でした。

ロングアイアンに準じたクラブらしく、打ち出し角は低め途中からスピンが少しだけ入って、若干めくれ上がるような弾道となっていました。

飛距離を稼ぐという点では十分な高さです! それでも、グリーン着弾にはやや不安が残ってしまう低い球筋ではありました。

 

オートマチックさはほとんどなく、操作性がかなり残されていました

クラブのお助け機能は、ほとんどなし。ゴルファーによる、クラブへの積極的な働きかけが求められる作りになっていました。

スイング軌道に応じて球筋は敏感に変化します! 積極的に弾道を操っていきたい方には、使いやすいクラブになっていると思いました。

 

ミスヒットに対しては、かなりシビアでした。打点のズレが、素直に左右及び縦距離のブレに反映されていました。

小さいフェース面で、スイートスポットがさらに限定されていて、芯に当てるのがまず難しかったです・・。

 

飛距離性能は、比較的高かったです。ヘッドスピード40m/sの筆者で、キャリー160~170ヤード、トータルで180ヤード前後でした。

同時に試打したU505 ユーティリティアイアンと、ほぼ同程度の飛距離性能となっていました。

総評

ロングアイアンに近い性能を持ちつつ、そのシビアさを少しだけ和らげてくれるクラブです!

まず、通常のロングアイアンを打ちこなすだけの技量は求められます。その上で、少しだけやさしさを加えたいという希望をかなえてくれるクラブだと思いました。

 

対象となるのは、ロングアイアンをやさしくしたいと希望する上級者。これだけのクラブを使いこなすには、スコアは最低80代前半は欲しいところ。

ヘッドスピードも45m/s以上ないと、このクラブの性能を引き出せないだろうな・・と思いました。

 

アベレージゴルファーを自認する私にとっては、もちろん購入対象にはなりません。テーラーメイドのアイアン型UTもシビアでしたが、このT200 ユーティリティアイアンも負けず劣らずでした。

はっきり言って、プロに準じた方や相当の上級者しか使いこなせないモデル。使い手は、かなり限定されると思います。

タイトリスト T200 ユーティリティアイアンの購入ならフェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です