キャロウェイ APEX UW (2023) 評価 UTとFWの“いいとこ取り”!

キャロウェイ APEX UW 2023

こんな方におすすめ!

  • UTの扱いやすさと、FWの飛距離性能の両方が欲しい!
  • 重量級のクラブで、ガツンと高弾道で力強く飛ばしたい!

総合評価 8.2点/10点満点

  • 操作性 8.5点
  • 弾道の高さ 8.5点
  • 構えやすさ 8点
  • 打感、打音 8点
  • 飛距離性能 8.5点
  • 寛容性 7.5点

APEX UW (2023)を試打した感想は・・

  1. UTとFWの“いいとこ取り”というメーカーのコンセプトが、しっかりと達成できているモデル!
  2. UTの扱いやすさと当てやすさを持ちつつ、FWに匹敵する飛距離性能と高弾道を実現!
  3. クラブ全体にしっかりとした重量感があって、重みでガツンと力強く飛ばしていける

キャロウェイ APEX UW (2023)

UTとFWの利点を掛け合わせたクラブとしてキャロウェイゴルフからリリースされたのが、APEX UW (2023)! 初代APEX UWは2021年に登場! 今作が2代目となります!

ツアープレーヤーからのフィードバックを受けて、AIフェースやJAILBREAKなどをアップデート!ベタープレーヤーの意図に応えるクラブとして進化したとのことで、興味深く試打してみました。

外観

キャロウェイ APEX UW 2023

ヘッドは、FWとUTの中間のような形状となっています。JAILBREAK は、最新のBATWINGテクノロジーが採用されているとのこと。

 

キャロウェイ APEX UW 2023 フェース

フェースはシャロ―で、こちらもFWとUTの中間という外観でした。最新のAI FLASHフェースも、もちろん搭載されています!

 

キャロウェイ APEX UW 2023 ボディ

ボディは、“ガツン”とした塊感が強め腰高な外観で、操作性が高そうだなと思いました。

 

キャロウェイ APEX UW 2023 後方

後方からの眺め。

 

キャロウェイ APEX UW 2023 ネック

ネック部分。カチャカチャ (ロフト角、ライ角調整機能)は、搭載されていません! 今どきのモデルでは、珍しいかもしれませんね。

 

キャロウェイ APEX UW 2023 クラウン

クラウンは、黒一色の鏡面仕上げ。ネックからヒール部分がほっそり! 後方へのストレッチも少ない!

「細長で小顔の美人」といった顔つきで、安心感よりは、緊張感がビシビシと伝わってきました

 

キャロウェイ APEX UW 2023 アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲット方向に対してほぼスクエア

ただ、ヘッドの座りは不安定に感じました。重心が高めに設定されている影響でしょうか? 逆に言えば、操作性は高そうだなと思いました。

緊張感を感じる顔つきも相まって、やはり上級者向けのクラブだな・・と思いました。

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正となるTENSEI 70 for Callaway、フレックスはSでした。

キャロウェイ APEX UW 2023 シャフト

手に取ってみて感じたのは、ズシッとした重量感「扱いきれる範囲ギリギリか、ちょっと厳しいかな・・」という重さでした。

シャフトも全体的にがっしりしていて、ワッグルではしなりをほとんど感じませんでした。

素振りでは、クラブ全体の重みを生かして振り抜く!といった振り心地。重く硬いシャフトが、ヘッドを暴れさせることなく制御していました。

 

打感は、ボールのつぶれ感に弾き感が混在したもの!ヘッドの重みを生かしてボールをつぶしていく、重厚な感覚もありました。

打音は、「ビシィッ」という力強い音。打感にマッチした、気持ちのいい音だと思いました。

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブは、ロフト角19°のモデルでした。

ウォームアップで5割程度の出力で打ってみると、弾道の高さは低め。スイングスピードを上げていくと、若干のスピンが入り中程度の高さまで上がる弾道となりました。

スピンは入るものの必要最小限といった感じで、ふけ上がる雰囲気は全くなし。力強さが強調され、グイグイと棒玉状に進んでいました

 

ベタープレーヤー向けのモデルらしく、操作性は高かったです。スイング軌道に応じて、球筋が敏感に変化! ゴルファーの意思が反映されやすい操作性が、しっかりと備わっていました!

 

ミスヒットに対する寛容性は、この手のクラブとしては高めでした。若干のオフセンターであれば、ヘッドがある程度カバー! 左右や縦距離のブレは最小限に抑えられていました。

 

飛距離性能は、高かったです!キャリーで170~180ヤード、トータルで190ヤード前後。UT相当のクラブで、これだけの高い飛距離性能は素晴らしい!と感じました。

総評

UTとFWの“いいとこどり”というコンセプトが、十二分に達成できているクラブです。

UTの扱いやすさと当てやすさがありながら、FWに匹敵する飛距離性能と高弾道を実現! 中途半端にならずに、それぞれの長所を生かしきっているのが素晴らしいと感じました!

一方で、弾道が強かったことも印象に残りました。グリーンを狙うというよりは、強弾道で飛距離を稼ぐクラブだなと思いました。

 

対象となるのは、確実なスイング再現性とパワーを兼ね備えた上級者! 「好みがUT寄りだが、FWの高弾道や飛距離性能が欲しい」という方がベストマッチだと思います!

スコアは80台は欲しいところ。ヘッドスピードも、45m/s以上は必要だと思いました。

 

アベレージゴルファーを自認する私には、もちろん対象となりません (笑)。それでも、強烈な弾道の一端を垣間見ることができたのは貴重な経験でした。

“UW (ユーティリティ ウッド)”という唯一無二と言ってよさそうなモデル! 中途半端さは全くなく、素晴らしい出来になっています! 対象となる上級者には、是非試してほしい!

キャロウェイ APEX UW (2023)の購入ならフェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です