タイトリストT100S アイアン (2021) 試打評価/感想

タイトリストT100S アイアン (2021) 試打評価/感想

試打クラブスペック:#7 (ロフト角 32°)

シャフト:N.S.PRO MODUS3 TOUR 115

スコア平均90台のへっぽこゴルファーの試打感想ですので、ご配慮の上お読みください (笑)。

関連記事

※ タイトリストのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

 

外観

上から眺めるとかなりコンパクト。Cobra Pro MBアイアンといい勝負です。

ソールはマッスルバックに比べればそれなりの厚さはありますが、一般的な中空やキャビティに比べればかなり薄いです。

 

びっくりしたのがトップブレード。めちゃ薄いです (笑)

思わずうっすと呟いてしまいました。トップブレードだけ見るとペラペラ感満載です (笑)。

意図的に薄く見せているのだと思います。でも、このトップブレードのおかげでプレッシャー感は半端ない (笑)。

まさにツアーモデル!といった感じ。

アベレージゴルファーが使いこなせる代物ではないですよ~というクラブの声が聞こえてきました (笑)。

 

打ってみた印象

シャフトはモーダス115。初めてでしたが、あまりいい印象はありませんでした (あくまで個人の印象です)。

モーダス105みたいな軽量+固いシャフトといった印象でした。

105は個人的に苦手で、この115も私には難しい・・と感じました。

しなりもあまり感じられませんでした。このあたりは好みもあるかもしれません。

 

打感はいいです。ボールのつぶれる感じもありましたただし軟鉄で感じる分厚い打感とは違うかな。

打音は乾いた、いい音です。パシッと気持ちいい音がしました。

 

球の上がりやすさ、寛容性

球はそれなりに上がります。この手のアイアンなら、これくらいだろうな・・という高さです。

 

外観同様、直進性や安定性よりは操作性重視のアイアンです。

T200と比較するとやはりスイングに敏感です。スイング結果に近い打球になります。

左右、高さのバラツキもそれなりに出やすくて、私にはちょっときつい (笑)。

 

ただしマッスルバックよりは寛容性はありそうです。飛距離も私のヘッドスピードで130ヤード前後でした。

色々な意味で620MB/CBとT200の中間になっているのではないかと考えます。

 

総評

対象となるユーザーは完全にアスリートがメインと思います。

ハンデキャップひと桁は必要でしょう。個人的には購入対象にはなりません。

球を操る技術を持っていて操りたいという意志を持っている、でもマッスルほどのシビアさはちょっと・・という人に向けたアイアンでしょう。

とにかく印象に残っているのがトップブレードの薄さ。このペラペラした外観は本当にプレッシャー感満載でした (笑)。

 

T200アイアンとの差別化がはっきりしているなと感じました。

その上でTシリーズ全体の流れも感じることができるのは、さすがタイトリスト!と思いました。

個人的にはあまり興味はありませんが、コンボも可能だろうなと思います。

「マッスルバックとか、もう無理・・」と思っている私には、この手のアイアンはないなというのが正直なところ。

でも私ごときが言うのもなんですが、いいアイアンであるのは間違いありません!

関連記事

タイトリストT200アイアン (3D055)の評価 とにかく高弾道!寛容性も高い! 

タイトリストT200 アイアン (2021) 試打評価/感想

タイトリストT300アイアン (2021) 試打評価/感想

※ タイトリストのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでの、ゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です