タイトリストT300アイアン (2021) 試打評価/感想

タイトリストT300アイアン (2021)

タイトリストT300 アイアン (2021)を試打してきました!

試打クラブスペック シャフト:N.S.PRO 105T #7 (ロフト角29°)

【ふるさと納税】タイトリスト T300 アイアン NS PRO 105T 5本セット【栃木県鹿沼市】

スコア平均90台のへっぽこゴルファーの試打感想ですので、ご配慮の上お読みください (笑)。

タイトリストT300アイアン (2021) 試打評価/感想

外観

タイトリストT300アイアン (2021)

T100SやT200に比較するとかなり大きいです。ソールも分厚いし、トップブレードもボテッとした印象。Mizuno JPX921 Hot Metalに近い感じだけど、もう少し大きく見えます。

飛び系アインとしての安心感はあります。でも、もう少しだけシャープだといいのにな・・と思いました。見た目重視より完全に結果を重視しているアイアンですね。

打感・打音

ダウンスイングではあまりしなりは感じなかった。N.S.PRO 105Tはオリジナルシャフトらしいですが、少しずっしりとした重さも感じます。個人的にはやや扱いづらいと思いました。このアイアンであれば8801AMCか、カーボンシャフト (3D055)がいいのではないかと思いました。

 

打感は固いです。金属的な硬さって言っていいのではないでしょうか。打音もカチンという音

飛び系アイアンだからしょうがないのかもしれません。でも飛び系でもSIM2 MAXアイアンとかは結構、打感がよかった記憶もありますので少し残念でした。

「打感でメシは食えない」という有名ゴルファーの名言もありますので (笑)、このあたりはあまり気にしなくてもいいかと思います。

球の上がりやすさ

球は上がります。でもT200とは少し違った印象。T200は打った瞬間から高く上がりましたが、T300は少し低く出てから上昇する印象でした。

飛び系アイアンということで、ロフト角の違いでこのようになるのだと思います。ランディング角とかスピン量とか、もちろん図っていないのでわかりませんが、この高さがあればそれなりにグリーンで止まるのではないかな~。

寛容性

寛容性はあります。当たり前ですがT100SやT200よりはずっとやさしいです。芯を外してもグッと球を持ち上げてくれるし、極端な曲がりもほとんど出ません。

まさにアベレージ向きのアイアンといった感じです。Mizuno JPX921 Hot Metalと同等かそれよりも優しい印象でした。

操作性はかなり少ないのではないでしょうか。直進性重視。アベレージゴルファーにはありがたいでしょう。

総評

対象となるユーザーはアベレージゴルファー。アスリートからはほぼ無視されるのではないでしょうか (笑)。

識者が「今回のTシリーズでは、T300だけ別物」と言っていましたが、その通りだと思います。

T100SとT200の間にはつながりを感じました。おそらく620MB/CBとT100、T100Sの間にもつながりがあるのでしょう。

でもT300は、T200からはかなり遠い印象です。飛び系アイアンとして全く独立したものとして考えれば、納得です。

 

このジャンルは他社の競合も多いので、私のようなアベレージゴルファーにとっては選択肢が多くありがたいです。

他社の競合アイアンをもう少し検討してみたいところです。ただ候補には入ってきます。寛容性がかなり高く実戦向きであることは間違いないので。

【ふるさと納税】タイトリスト T300 アイアン NS PRO 105T 5本セット【栃木県鹿沼市】

関連記事

タイトリストT100S アイアン (2021) 試打評価/感想

タイトリストT200 アイアン (2021) 試打評価/感想

タイトリストT200アイアン (3D055)の評価 とにかく高弾道!寛容性も高い! 

※ タイトリストのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です