ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) 新感覚のアスリートモデルFW!

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024)

こんな方におすすめ!

  • アスリートモデルらしい強弾道や高飛距離性能を求めつつ、扱いやすさも欲しい!

総合評価 7.8点/10点満点

  • 飛距離性能 8.5点
  • 弾道の高さ 7点
  • 直進性 8.5点
  • 構えやすさ 8.5点
  • 打感、打音 7点
  • 寛容性 7.5点

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024)を試打した感想は・・

  1. 扱いやすさを感じる外観や重量感と、アスリートモデルらしい飛距離性が同居する新感覚FW
  2. アスリート感が強調された強い弾道で、ビシッと飛ばせる

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024)

12月9日に発売が開始されたゼクシオ 13 シリーズ! そのアスリートモデルFWが、今回試打したゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024)となります!

コンセプトは、「新技術BiFLEX FACEと進化技術New CANNON SOLEが、高く強い弾道に導く」!

今作から新たに加わったBiFLEX FACEやCANNON SOLEに加えて、ダンロップお馴染みのREBOUND FRAMEやゼクシオ12シリーズから始まったActivWingも搭載されており、まさに「技術てんこ盛り!」といった雰囲気になっています。

メーカーの意図する「高く強い弾道」が実現できているのか、興味深く試打してみました!

外観

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024)

ソールの外観。ゼクシオ エックス ドライバーよりもすっきりとしたデザインとなっていました。

 

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) フェース

フェースには、新技術BiFLEX FACEを搭載!

フェースのトゥサイドからヒールサイドにかけてフェース面と外周部の剛性を最適化してたわみを大きくし高初速エリアを拡大しているとのことです。

 

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) ボディ

横方向からの眺め。後方へのストレッチがあり、結構なシャロ―ボディだと思いました。

 

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) 後方

後方からの眺め。

 

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) ネック

ネックは接着式となっていました。

 

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) クラウン

クラウンは黒一色の鏡面仕上げ!色合いは高級感が感じられました。

投影面積は、かなり大きい!普段3Wを使わないので個人的に慣れていないだけかもしれませんが、ミニドライバーに近いくらい大きいな・・という印象でした。

 

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲット方向に対してスクエア!つかまり顔であったゼクシオ 13 フェアウェイウッドとは、明確に差別化されていました。

ヘッドの座りは良好で、どしっと安定感高く構えることができました。

シャロ―フェース+大きな投影面積でやさしさも感じる一方、塊感も感じられる外観で、単にやさしいだけではなさそうだな・・という印象の顔つきでした。

振り抜き感、打感・打音

試打クラブのシャフトは、純正のMiyazaki AX-3 カーボンシャフト、フレックスはSでした。

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド (2024) シャフト

手に取ってみた重量感は、やや軽め。アスリートモデルとしてはヘッドがやや軽いかな・・という印象でした。

ワッグルしてみると、シャフトは比較的しっかりとしているなと思いました。

素振りをしても、シャフトのしなりは少な目。ゼクシオ 13 シリーズで感じられた「シャフトが仕事してくれる」といった雰囲気は少なく、やはり差別化されているなと思いました。

全体的な軽量感も相まって、軽快なシャキッとした振り抜き感でした。

 

打感は、弾き感が強め!ボールのつぶれ感はほんの一瞬で、基本的には軽快に弾き飛ばすという打感でした。

打音は、やや甲高い「シャリーン」という音。こちらに関しては、ゼクシオ 13 フェアウェイウッドと結構似ているなと思いました。

個人的には、アスリートモデルらしい手ごたえのある打感や本格感を感じる打音が欲しかった・・というのが本音。

弾道、寛容性、飛距離性能

試打クラブはロフト角15°の#3 FWでした。

弾道の高さは、中~やや低め。ロフト角なりに打ち出して、そのまま棒玉状に前へ進んでいく弾道でした。

正直に言えば、もう少し高くあがってくれたらな・・という弾道。高さがうまく出せずに、やや苦戦してしまいました。

その分、弾道は強い!低スピンでグイグイと進む弾道で、ゼクシオ 13 フェアウェイウッドとはかなり異なる雰囲気。一言で言えば、アスリート感が強調されている弾道でした。

 

寛容性は、まあまあかなといった印象。最低限の寛容性はありますが、ミスヒットに対するカバー力は少し物足りなさを感じました。

打点が安定しないゴルファーにとっては、やや厳しいかも・・。もう少しお助け要素は欲しい、というのが正直な印象でした。

 

飛距離性能は、高いです。低スピンで弾道の高さを抑えることによって飛距離性能を追求している雰囲気!

HS 40m/s前後の筆者でキャリー180ヤード前後、トータルでは190~200ヤード。ロフト角15°の#3 FWとしては、十分な飛距離性能を発揮していると思いました。

総評

扱いやすい外観や重量感、軽快な打感・打音といった特徴の一方で、弾道にはアスリート感が感じられるという新感覚のFWだな・・というのが第一印象でした。

個人的には、アスリートモデルとしての一貫した特徴が感じられず、戸惑いがあったというのが本音。

とは言え、このような特徴は「斬新」と捉えることもできますし、実際にそういったニーズもありそうだな・・と思いました。

 

対象となるのは、アスリートモデルとしての強い弾道及び高い飛距離性能を求めつつ、扱いやすさが欲しいという方かと思います。

従来のアスリートモデル FWではちょっときついけど、アベレージモデルまではまだ落としたくない・・」という方がぴったりとハマりそう。

平均スコアは80~90台くらいがベストかと思いました。ヘッドスピードは極端に高いものは必要ないものの、ある程度 (40m/s前後)くらいは欲しいかなという印象でした。

 

従来のアスリートモデルとは一線を画すモデルとして、個性がはっきりとしている一本と言えます!

気になる方は、是非試打してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です