ゼクシオ エックス ドライバー (2024) 評価 ふけ上がりを抑えた強弾道が秀逸!

ゼクシオ エックス ドライバー (2024)

こんな方におすすめ!

  • 無駄なふけ上がりを抑えて効率よく飛ばしたい!
  • 外国ブランドまでのスピン量低減は困る。適正なスピン量を確保したい

総合評価 8.7/10点満点

  • 飛距離性能 9点
  • 球の上がりやすさ 8.5点
  • 直進性 8.5点
  • ミスヒットに対する寛容性 8.5点
  • 打感、打音 8点
  • 扱いやすさ 8.5点

ゼクシオ エックス ドライバー (2024)を試打した感想は・・

  1. 無駄なふけ上がりを抑えた強弾道で、高い飛距離性能を発揮!
  2. オートマチックに振り抜けて安定感の高い弾道が連発できる!

ゼクシオ エックス ドライバー (2024)

ダンロップの2024年モデルとして12月9日に発売開始が予定されているのが、ゼクシオ エックス ドライバー

13代目ゼクシオドライバーとの同時発売となっており、ゼクシオ ブランドのアスリートモデルドライバーという位置づけになります。

コンセプトは「”新”技術CiFLEX FACEと、”進”化技術New ActiveWingが、”芯”をとらえる驚異の飛びを実現した」!(ゼクシオ エックス ドライバーのホームページより引用)

「シン」の文字にこだわったコンセプトとなっていますね!

 

ゼクシオ 13 ドライバーとの違いはやや分かりづらいのですが、ヘッド重量が約20g重いことやカチャカチャ機能が搭載されていることなどが分かりやすい相違点。

ゼクシオブランドのアスリートモデルとしてどのような性能になっているのか?ゼクシオ 13 ドライバー (以下、“ノーマル ゼクシオ”と表記)とも比較しながら試打してみました!

外観

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) ヘッドカバー

ヘッドカバー。「X」の文字がだけが、大きく表記されています!「単なるゼクシオではなく、エックス (X)だぞ!」という“プライド”が感じられるヘッドカバーだと思いました。

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024)

ソールは斜めの直線を配したデザイン!やはり「X」の文字が特徴的ですが、ノーマル ゼクシオよりも力強さが強調されたデザインだと思いました。

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) フェース

フェースはややシャロー!ノーマルよりは若干厚みがあり、セミディープといった雰囲気でした。

ノーマル ゼクシオ同様、フェースのトゥサイドからヒールサイドにかけて外周部の剛性を最適化した「BiFLEX FACE」が採用されています! 剛性をフローすることによってボールスピードのさらなる向上が図られているとのこと。

(詳細はゼクシオ エックス ドライバーのホームページを参照)

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) ボディ

横からの眺め。ノーマル ゼクシオに比べると固まり感があり、後方へのストレッチも控えめでした。腰高な印象はなく、重心の低さが強調された外観だと思いました。

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) 後方

後方からの眺め。

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) ネック

ネックには、フェース角やロフト角、ライ角を“すばやく”変更できる「クイックチューンシステム」という調整機能(カチャカチャ)を搭載

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) クラウン

今作の目玉となるのが、2段式になったヒール側の「ActiveWing」!ダウンスイング前半では、ヘッドの挙動を安定化!ダウンスイング後半~インパクト時では、フェース角や打点を安定化しスピードに乗ったインパクトの実現に貢献するとのことです (ゼクシオ エックス ドライバーのホームページより引用)。

このActiveWing、表面積自体が増加しているとのことですが、目立たないデザインで存在感は薄め。特に気になるようなことはありませんでした。

 

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) アドレス

ノーマル ゼクシオと比較すると、ヒール側が削られた三角形に近いフォルム投影面積は「小顔!」とまでは言えないものの、コンパクトさが感じられるサイズ感でした。

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲット歩行にスクエア!

投影面積の絶妙なサイズ感や黒一色の精悍な顔つきからは、安心感と緊張感の程よいバランスを感じる外観だな・・と思いました。

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正となるMiyazaki、フレックスはSでした。

ゼクシオ エックス ドライバー (2024) シャフト

全体的な重量感は標準~やや軽めといったところ。軽すぎるといったことはなく、個人的にはしっくりとくる重量感でした。

ワッグルしてみると、シャフトは割としっかり目!純正シャフトにありがちな頼りなさは、全くなかったです。

素振りをしても、シャフトのしなりはほとんど感じませんでした。少し重量感を感じるヘッドの挙動をしっかりと制御してくれるシャフトだなと思いました。

 

出力を抑えて打ってみると、ボールのつぶれ感はほとんど感じず。硬く張り詰めたフェースにボールがカチンと当たるという、硬い感触を感じました。

ところが、スイングスピードを上げていくとボールを柔らかく受け止める感触が加わってきましたスイングの出力により打感が変化するという、なかなか複雑な構造をもったヘッドだな・・と感じました。

打音は「ビシッ」という高めの音。音量は控えめで、他の打席の方をびっくりさせるような甲高い音ではなかったです。硬さとやわらかさが同居する打感によくマッチした複雑な音だと思いました。

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブは、ロフト角10.5°のモデルとなります。

弾道の高さは中程度。弾道の高さにびっくりしたノーマル ゼクシオよりも明らかに高さを抑えようという雰囲気で、ふけ上がりを抑えて前への推進力にしようという意図が伝わってきました。

 

つかまりは、そこそこといったところ。ノーマル ゼクシオ同様にヘッドの返りでボールをつかまえる振り抜き感でしたが、ノーマルよりはつかまり感は抑え気味でした。

とはいっても、打ち出しから左にでるつかまり感は健在!つかまり不足に悩む方にはちょうどいい感じになりそうだなという印象でした。

 

オートマチック感が基本となる振り抜き感で、操作性はほとんどないと思いました。

この辺りはノーマルと大きな変わりは感じなかったです。余計なサイドスピンは排除されていて、基本的には安定感高くまっすぐ突き進む弾道でした。

寛容性は高め。こちらもノーマルと大きな差はなく、大きめのオフセンターでもしっかりと助けてくれる寛容性が備わっていました。

 

飛距離性能は高かったです! 中程度の高さで前へドン!と進む弾道は強烈で、キャリーで190ヤード前後。トータルで210ヤード前後といったところでした。

ノーマルと異なり、ランも期待できる強弾道!向かい風であおられる雰囲気も少なく、計算が立ちそうな飛距離性能だな・・と思いました。

総評

高弾道でキャリー伸ばしていこうというつくりのノーマル ゼクシオとは異なり、スピン量を抑えた強弾道で飛距離性能を追求しようという意図を強く感じました。

「スピン量を抑えた強弾道」といっても、そこはあくまで「ゼクシオシリーズなり」でのスピン量低減!少なくともドロップしてしまうほどではなかったです。

個人的には、この「ゼクシオシリーズなり」がいい方向に出ている印象。無駄な「ふけ上がり」を過不足なく抑えた強弾道が、しっかりと実現できていると思いました。

 

対象は、外国ブランドまでのスピン量低減は厳しいけれど、ある程度球の高さを抑えて効率よく飛ばしていきたいというゴルファー

ヘッドスピードは42m/s前後が最もはまりそうで、40~45m/sの方が対象になるかと考えます。

意識高めのアベレージからセミアスリートが似合いそうな雰囲気で、スコアも80台後半~100切り前後くらいが目安かなと思いました。

 

ノーマル ゼクシオ ドライバーでは物足りないな・・というゴルファーにもお勧めで、是非打ち比べていただきたいです。

ノーマルと、この“X (エックス)”で大半のアマチュアゴルファーがカバーできてしまいそう。さすがゼクシオブランド!といった盤石の体制は、13代目でも揺るぎないでしょう!

関連記事

※ ダンロップのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です