テーラーメイド P790 アイアン (2023) 外見も性能も高次元で“ちょうどいい”!

テーラーメイド P790 アイアン (2023)

こんな方におすすめ!

  • カッコいいアスリートモデルを使いたいが、やさしさも欲しい!

総合評価 8.4点/10点満点

  • 操作性 7.5点
  • 弾道の高さ 8点
  • 構えやすさ 8.5点
  • 打感、打音 8.5点
  • 飛距離性能 9点
  • 寛容性 9点

P790 アイアン (2023)を試打した感想は・・

  1. 見た目も性能も、高いレベルで“ちょうどいい”アイアン!
  2. オートマチックにやさしく打てて、ミスヒットへの寛容性も高い
  3. 乾いた打感、打音が気持ちいい!

テーラーメイド P790 アイアン (2023)

テーラーメイドPシリーズ 最新作となるのが、NEW 『P790』アイアン (2023)  前作P790 アイアン (’21)からは、約2年ぶりのモデルチェンジとなります!

様々なテクノロージーが投入された最新アイアンとなりますが、どのようなパフォーマンスを発揮しているのか? 興味深く試打してみました!

外観

テーラーメイド P790 アイアン (2023)

バックフェースの外観。前作よりもさらにすっきりとしたデザインとなっていて、カッコいい

 

テーラーメイド P790 アイアン (2023) ソール

ソール幅はやや大き目かな・・という印象。滑らかにラウンドしていて、抜けがよさそうだなと思いました。

テーラーメイドお馴染みの貫通型スピードポケットも、しっかりと搭載されています!

 

テーラーメイド P790 アイアン (2023) フェース

フェースの外観。トゥの先端に少しだけ丸みがあって、やわらか目の顔つきでした。

 

テーラーメイド P790 アイアン (2023) ボディ

横方向からの眺め。アスリートモデルらしい、薄めのフェースだなと思いました。

 

テーラーメイド P790 アイアン (2023) ネック

ネック部分の外観。

 

テーラーメイド P790 アイアン (2023) トップブレード

トップブレードにはそこそこ厚みがあって、安心感がありました。少しだけグースも入っていて、つかまりもよさそうだな・・という外観でした。

 

テーラーメイド P790 アイアン (2023) アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲット方向に対してほぼスクエアヘッドの地面への座りも良好で、違和感なくスッと構えることができました。

ヘッド長は長めではあるものの、“鈍重”とまではならない絶妙な大きさ! シャープさと安心感が同居する、とてもバランスのいい顔つきでした。

振り抜き感、打感・打音

シャフトはN.S.PRO MODUS TOUR 105、フレックスはSでした。

テーラーメイド P790 アイアン (2023) シャフト

手に取ってみた重量感は、やや軽め。素振りをしてみると、「軽硬」シャフトのMODUS 105らしくしなりはほとんど感じませんでした。

ヘッドが自己主張してしまうような“わずらわしい存在感”はなくシャープに振り抜ける! MODUS 105は個人的には苦手なシャフトですが、このヘッドとの相性はよさそうでした。

 

打感は、軽快な弾き感が中心!一方でフェース上でボールをつぶす感覚もしっかりと感じられ、複雑な打感になっていました。

打音は、「カシュ」という爽快で乾いた音。打感、打音ともに、アスリートゴルファーを満足させる素晴らしい出来になっていました!

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブは、ロフト角30.5°の#7アイアン。

弾道の高さは、中~やや高めロフト角よりも高く打ち出して、きれいな放物線を描く弾道となっていました。グリーン着弾に関しては、極端に硬いグリーンでなければ問題ない弾道の高さは確保されていました。

 

アスリートモデルながら、オートマチックさが優先されたヘッド特性となっていました。

ヘッド内部のテクノロジーによって余計なサイドスピンがかからず、とにかく直進性が高い! 意図的にボールを曲げることも可能かもしれませんが、その余地はあまり感じませんでした。

 

寛容性は、かなり高いと思いました。トゥヒットでもヒールヒットでも、弾道がばらつかないのが印象的!

ミスヒットでは飛距離はやや落ちるものの、せいぜい10ヤード減といったところ。この寛容性があれば、打点の安定しないゴルファーでもかなり計算が立ちそうだなと思いました。

 

飛距離性能も、高かったです。ヘッドスピード40m/sの筆者で、キャリー160ヤード前後トータルで170ヤード前後。縦距離もばらつきが少なく、総じて安定していました。

総評

見た目と実際のクラブ性能が、いずれも高いレベルで「ちょうどいい」アイアンです!「ちょうどいい」は、あらゆる要素が高次元でよくまとまっているという意味!

見た目は、シャープすぎず、鈍重すぎず。打感や打音も、節度があって気持ちいい。弾道の安定感や飛距離性能も申し分なく、実戦的

一言で言えば、欠点の少ない「優等生的」なモデルです!

 

対象となるのは、アスリートゴルファーを自認するすべてのゴルファー!一方で、100切りが視界に入っているゴルファーでも、十分に使っていける余地はありそう。中上級者でも満足できる性能を備えていて、幅広いゴルファーにマッチすると思いました。

 

アスリート感とやさしさがバランスよく同居する、素晴らしいアイアンです! 個人的にもとても好印象で、真剣に購入を考えてみようかな・・というモデル! 多くのゴルファーに、試してほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です