テーラーメイド ステルス レスキュー 試打評価 ゴルフが楽になるUT!

ステルス レスキューを試打した感想は・・

  1.  やさしく楽に打てる! オートマチックに飛ばしてくれます!
  2.  適正な弾道で直進性も高いミスヒットにも強いです!
  3.  しっかりとした、手ごたえのある本格的な打感
  4.  アベレージゴルファーにお勧め!中上級者も満足できると思います!

テーラーメイド ステルス レスキュー

2022年1月12日にテーラーメイドからリリースされた新シリーズが、ステルスシリーズ! レスキュー (ユーティリティ)は2機種構成となっていて、今回のステルス レスキューは“やさし目”という位置づけになります。

前作SIM2シリーズでは、SIM2 MAX レスキューに相当するモデル。 個人的に所有しているSIM2 MAX レスキュー (#5、シャフトフレックスR )と、比較しながら試打してみました!

試打クラブスペック  ロフト角:22° (#4) シャフト:TENSEI RED TM60 (’22) フレックスS

40歳台後半で平均スコア90台、HS 40m/s前後のアマチュアゴルファーの試打評価、感想です。

外観

いわゆる「ウッド型レスキュー」となります。ヘッドの投影面積は、程よい大きさだと思いました。

クラウンはFW同様に、黒一色のマット仕上げでやや引き締まった印象。カッコいいのですが、やや“重たい”印象でした。

前作の上級者モデルである SIM2 レスキューに、ちょっと雰囲気が似ているな・・と思いました (ちなみにSIM2 レスキューはショップ店員さんの勧めで試打したことがありますが、全く歯が立ちませんでした・・)。

 

ソールにはテーラーメイドお馴染みの「Vスチール」。SIM2 MAX レスキューでその抜けの良さを実感しており、新モデルでの継続も納得です。

貫通型スピードポケットも継続で、ミスヒットにも強そうだなと思いました。

 

フェース面は通常の黒色。噂の赤色ではないです (笑)。ツイストフェース搭載で、こちらもミスヒットを救ってくれそうですね。

地面に置くと、フェースの向きはほぼスクエア。ターゲットに向かって、とても構えやすいなと思いました。

打感・打音

今回の試打クラブのシャフトは純正のフレックスS。

ワッグルしてみた印象では、Sシャフトとしては少し頼りない印象。逆に言うと、私レベルのヘッドスピードのゴルファーには扱いやすそうとも考えられました。

素振りをしてみると、それほど「しなる」感じはなし。シャフトが余計な仕事をせず、ヘッドが素直に動いてくれました

クラブ全体の重量感は、SIM2 MAX レスキューと比べると若干重ため。シャフトフレックスによる影響かと思いました。

 

打感に関しては、SIM2 MAX レスキューとは明らかに違いました。

SIM2 MAXは、カチンと弾いて軽やかに飛ばす雰囲気。これに対して、ステルスはいわゆる“ずっしり”とした手ごたえのある打感でした。

この打感の違いは、それぞれ好みがあると思います。個人的には軽やかな打感が好みですが、ステルスの手ごたえのある打感も悪くないなと思いました。

当たった瞬間にボールをグッと押し出し風に負けない強い打球を飛ばせる・・そんなイメージを感じさせる打感でした。

 

打音も打感に合わせてなのか、やや低音になっていました。SIM2 MAXは「カチン」という感じの軽めの高い音でしたが、ステルスは「パシッ」という乾いた爽快なサウンド。

どちらかというとこちらが一般的かなという打音で、好きなゴルファーが多そうだなと思いました。

 

総じて、打感および打音は前モデルのSIM2 MAX レスキューとは、変えてきていました。

SIM2 MAXの打感と打音は、いわゆる“軽い”。悪く言えば“おもちゃ感”がありましたが、ステルスではここを改善してきたと思います。いわゆる「本格的な」打感と打音を目指したのではないかと、想像しました。そして、この改善は多くのユーザーに支持されるのではと思います。

(ちなみに個人的には、SIM2 MAX レスキューの“軽い”打感と打音が大好きです!)

球の上がりやすさ、寛容性

打ってみて感じた弾道の印象は、いわゆる「ユーティリティー」らしい弾道になったなというもの。

私のSIM2 MAX レスキューは#5でシャフトフレックスRということもありますが、「フェアウェイウッドか?」というような高弾道でした。

一方、ステルスはSIM2 MAXの弾道とは明らかに異なりました。具体的には、打ち出しの角度は結構低め。#4なので当然ですが、想像よりも低かったです。

そこから途中で球はグッと上がります。でも、吹き上がるような感じは全くなし。適度に球が上がって、あとは棒玉に近い弾道でドンっと飛んでいきました。

#4ですので、飛距離を稼ぐという目的であればこの弾道は悪くないなと思いました。個人的には、#5も試してみたいところ。

 

直進性に関しては、やはり高いです。ほとんど曲がりません。

つかまりに関してもほぼ問題なし。引っかけることもほとんどなく、右へのすっぽ抜けもほとんどありませんでした。

とにかく、すごくやさしいユーティリティです。#4のユーティリティはアマチュアにとっては難しいクラブになると思いますが、本当に簡単に打てました。

何も考えずに素直にヘッドにボールを当ててやれば、オートマチックに飛ばしてくれます

 

飛距離は160~170ヤードくらい。ヘッドスピード40m/sの#4ユーティリティとしては問題ない飛距離性能です。これだけ簡単に打てて飛距離が稼げると、とても助かるなと思いました。

飛距離性能としては、おそらく前モデルのSIM2 MAXとほぼ変わらないのではないでしょうか。

ステルスはスピン量が抑えられている印象もあり、そこも加味すると5~10ヤードの飛距離アップはあるかもしれないなと思いました。

 

寛容性もとても高いです。SIM2 MAXもミスヒットにとても強かったのですが、ステルスでもしっかりと受け継がれています。

さらに寛容性が上がったか?と言われると、何とも言えません。それほど前モデルの寛容性も高かったので。

 

総じて、楽に簡単に打てる、とてもやさしいユーティリティだと思いました。

総評

テーラーメイドのレスキューの系譜を受け継いでいる、素晴らしいユーティリティです!

やさしく楽に打てる、ミスヒットに強い、適正な弾道で直進性も高い、という点で、アマチュアゴルファーがUTに求めるほぼすべての要素を満たしていると思います。

欠点は、ほとんど見当たらないですね。

アベレージゴルファーでも使えると思います。というか、このやさしさは、アベレージゴルファーこそがその恩恵を受けるべきだと思います。

もちろん、中上級者でも問題なく使えるのではないでしょうか。

飛距離が残ったセカンドで、大活躍してくれるイメージですね。何も考えず振りぬけば、グリーンオンまたはグリーン周りまで楽に運んでくれる、とても素敵なクラブだと思います。

 

個人的には、購入候補となってきます。特に#4は、前向きに考えてみたい。これだけ楽に170ヤード前後が打てると、やはりゴルフが楽になりますよね。

ただ、打感がSIM2 MAX レスキューと結構違うので、要検討かな。これだけ打感が違うと、コースでちょっと戸惑うかもしれないので。

 

アマチュアゴルファー、特にアベレージゴルファーにはとても恩恵のあるクラブです!

気になる方は、是非試打してみてください!ゴルフが、本当に楽になると思います!

ステルス レスキューの購入ならフェアウェイゴルフUSA。

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

関連記事

テーラーメイド SIM2 MAX レスキュー 評価/感想 軽くてやさしいUT!

テーラーメイド ステルス DHY 試打評価 軽快な振り抜き感と風に負けない強弾道!

テーラーメイド ステルス ドライバー 試打評価 実戦で”結果”を残せる!

テーラーメイド ステルス HD ドライバー 試打評価 カーボンフェースにより初速アップ!

テーラーメイド ステルス フェアウェイウッド 試打感想 高弾道かつ高い飛距離性能!

テーラーメイド ステルス アイアン 試打評価/感想 やさしく打てて直進性が高い!

テーラーメイド ステルス プラス ドライバー 試打評価 本命はこれ!圧倒的な強弾道!

※ テーラーメイドのクラブ試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です