テーラーメイド ステルス2 プラス レスキュー 評価 ダウンブロー必須の上級者限定UT!

ステルス2 プラス レスキューを試打した感想は・・

  1. ダウンブローでしっかりと打ち込んでいくスイングが求められるユーティリティ!
  2. 風に負けない、低く強い弾道が特徴!
  3. 骨太の打感と打音が秀逸!
  4. パワーのある上級者に使い手が限定されそうな、ハードスペックなモデル

テーラーメイド ステルス2 プラス レスキュー

2023年のテーラーメイド新作が、ステルス2 シリーズ!シリーズのキャッチコピーは「FAR+FORGIVENESS=FARGIVENESS」! やさしさ (= FORGIVENESS)を意識したシリーズになっているとのことです。

レスキューはドライバー同様に3機種構成で、今回試打したプラス レスキューは「最上位モデル」となります。

前作となるステルス プラス レスキューについては、かなり苦戦したのをよく覚えています。前作同様オーバースペックで難しいだろうな・・と思いながら、試打してみました。

外観

ステルス2 プラス レスキュー ソール

ソールには、テーラーメイドお馴染みの「Vスチールソール」が健在!貫通型スピードポケット」も、しっかりと搭載されています。

 

ステルス2 プラス レスキュー フェース

フェースはトゥ側が高い、いわゆる「クジラ型」の形状! アイアンに近い形のウッド型UTで、個人的にはちょっと苦手かな・・というモデルでした。

 

ステルス2 プラス レスキュー ボディ

「かたまり」感の強いボディで、後ろへのストレッチが短い!「やさしくボールを拾い上げてくれる」というイメージがほとんど湧いてこない外観でした。

 

ステルス2 プラス レスキュー 後方

後方からの眺め。

 

ステルス2 プラス レスキュー ネック

ネック部分。ボディがコンパクトなためか、ネックがやたらと太く見えます・・。

 

ステルス2 プラス レスキュー クラウン

投影面積は、かなり小さめ!メーカーの説明でも「上級者好みのコンパクトで引き締まったシェイプ」とのことです。

トゥ側にボリュームがあり、つかまり過ぎを抑えようという雰囲気が伝わってきました。

 

ステルス2 プラス レスキュー アドレス

アドレスしてみると、ヘッドの地面への座りは良好!フェースの向きは、ターゲットの右側を向くいわゆる「逃げ顔」でした。

ボールが相対的に小さく見えてしまう程の小顔!しっかりと打ち込まないと厳しいな・・という顔つきでした。

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正となるDiamana TM70 (’23)、 フレックスはSでした。

ステルス2 プラス レスキュー シャフト

全体的な重量感は重め!ヘッド自体も重いのですが、シャフトがかなりがっちりしていて、手ごわそうな雰囲気でした・・。

ワッグルしてみても、ほとんどしなりを感じず。素振りをしてみても、一言でいえば「重い+固い」(笑)! 私レベルでは明確に、振り抜きに難があるなぁ・・と思ってしまいました。

 

打感は、がっしりとした手ごたえが中心!弾き感も多少はありましたが、フェース上でのボールのつぶれ感がとても強かったです。インパクトの瞬間に、フェースがボールをしっかりと“受けとめる”感触が感じられ、さすが上級者向け!といった雰囲気でした。

打音は「バシュン」という太めの低音。手ごたえのある打感を、よく表現しているサウンドでした。

弾道、寛容性、飛距離

試打クラブはロフト角19.5°の#3。

弾道の高さはロフト角どおりといった印象で、テクノロジーで高い弾道を作るという雰囲気は全くありませんでした。

どちらかというと高さをあまり出さず、風に負けない強弾道を作っていこう!という意図を強く感じました。

 

基本的にはハードなクラブです!

ダウンブローで打ち込むスイングが、明確に求められます。アッパーブローでは、はっきりと残念な弾道 (飛距離ロス+球が上がらない)になりました。

ミスヒットに対する寛容性も、決して高いとは言えません。飛距離ロスや打ち出し方向の不安定感が、はっきりと出てしまう厳しさがありました。

 

飛距離性能は、そこそこといったところ。HS40m/sの筆者でキャリー160ヤード程度、トータルで170ヤードくらいでした。

総評

一言で言えばードなクラブだな!というのが、正直な感想。

特に感じたのが、重心の高さ!かなりのパワーで打ち込まないとクラブが暴れて制御できない!というハードさも印象的でした。相応のヘッドスピードも要求され、本当にプロ級の技量とパワーが必要とされるクラブだと思いました。

 

対象となるゴルファーは、パワーのある上級者に限定されます。スコアは、最低80台は必要。ヘッドスピードも45m/sは必須で、それ以下では実際のコースでは扱いきれないだろうなと思いました。

 

これまで試打してきたステルス2シリーズでは、最もハードなクラブだと思います!気になる方は、ぜひ挑戦してみてください!

テーラーメイド ステルス2 プラス レスキューの購入なら、フェアウェイゴルフUSA。

アメリカからの正規ライセンス商品でシャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

関連記事

テーラーメイド ステルス2 プラス ドライバー 評価 進化した強弾道ドライバー!

テーラーメイド ステルス2 プラス フェアウェイウッド 評価 上級者向け強弾道FW!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です