テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー 評価 「やさしさ」の新境地を開く一本!

Qi10 MAX ドライバー

こんな方におすすめ!

  • 飛距離も「やさしさ」も高いレベルで追求したい!
  • ゆったりとしたスイングで、オートマチックに飛ばしたい

総合評価: (7.2点/10点満点)

  • 扱いやすさ、振り抜き感:良
  • 打感・打音:優
  • 弾道の強さ:可
  • 直進性:優
  • 寛容性:良
  • 飛距離性能:可

(秀、優、良、可、不可 の5段階で各項目を評価)

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバーを試打した感想は・・

  1. 直進性の高さやオートマチック感、ミスヒットに対する寛容性といった「やさしさ」に関する項目を高いレベルで実現
  2. 飛距離性能はやや物足りないものの、「やさしさ」との絶妙なバランス感が素晴らしい!

テーラーメイド Qi10 MAX ドライバー

テーラーメイド2024年モデルとなるのがQi10 シリーズ!シリーズで最もやさしいという位置づけになるのが、今回試打したQi10 Max ドライバーとなります。

シリーズ全体での最大の特徴が「慣性モーメント1万越え!」。これを達成したのがまさにこのMAX ドライバーですので、いわばシリーズの代表作と言っていいと思います。

メーカーが「MAX!」と謳っている寛容性、直進性、ヘッドサイズがどのようになっているのか?飛距離性能にも注目しながら、試打してみました!

外観

Qi10 MAX ドライバー

ソールの外観。シャープさが感じられた“ノーマル”やLSとは異なり、全体的に丸みを感じるデザインで、やさしさが感じられる雰囲気となっていました。

 

Qi10 MAX ドライバー フェース

フェースは、シリーズ全体で統一された青色のカーボンフェース!

 

Qi10 MAX ドライバー ボディ

横方向からの外観。“ノーマル”と比較すると後方へのストレッチがあり、重心の低さが強調されていると思いました。

 

Qi10 MAX ドライバー 後方

後方からの眺め。

 

Qi10 MAX ドライバー ネック

ネックには±2°のロフト調整が可能な「ロフトスリーブ」を搭載。今回は、STD (スタンダード)で試打しました。

 

Qi10 MAX ドライバー クラウン

投影面積は大きい!メーカーの意図する「ヘッドサイズ MAX!」はしっかりと実現できていました!

後方への張り出しが大きく、やや鈍重さも感じてしまう程の大きさ・・。とはいえ、オートマチック感が強調されていて、「やさしさ MAX!」といった雰囲気の外観でした。

 

Qi10 MAX ドライバー アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲットに対してほぼスクエア

ボールが相対的に小さく見えてしまう程の大きさで、「フェースのどこかに当たればしっかりと飛ばしてくれそうだな・・」という安心感が感じられました。

扱いやすさ、振り抜き感:良 (7.0点/10点満点)

シャフトは純正となるDiamana BLUE TM50、フレックスはSでした。

Qi10 MAX ドライバー シャフト

手に取ってみての重量感は、適正~やや軽め。手ごわさは全くなく、アベレージ向けという位置づけがしっくりと感じられる、扱いやすい重量感でした。

シャフトの硬さは、純正としてはしっかりしていました。素振りでは、しなりをほとんど感じることなく、いい意味で軽快に振り抜くことができました。

とはいえ、ヘッドの性格とはちょっと相性が悪そうなシャフト・・。どちらかというと“やさしさ”が強調されているヘッドに対して、シャフトが「勝ってしまっている」雰囲気でした。「このヘッドであれば、もう少し“しなり”の助けを借りたいな・・」と感じる振り心地でした。

打感・打音: 優 (8.0点/10点満点)

打感は、弾き感がやや強めかなという印象。フェースでの「ボールのつぶれ感」も2割程度感じられました。カーボンフェースらしい軟らかさを残しつつ、軽快に弾き飛ばしてくれる打感は爽快で気持ちよかったです。

打音は「ピシッ」というやや高めの音。耳に不快な甲高い音ではなく、軽快さが感じられる良音でした。

弾道の強さ:可 (6.5点/10点満点)

試打クラブは、ロフト角10.5°のモデルでした。5球を打っての弾道測定器 (スイングキャディ SC4)のデータは、以下となります。

Qi10 MAX ドライバー 試打データ

弾道は高め。ロフト角よりやや高く打ち出し、上昇の途中でスピンが少し入ってさらに高く上がる弾道でした。

スピン量は、3192rpmと高め。ふけ上がるほどではなかったものの、ノーマルやLSとは明らかに異なる軌道で、アベレージ向けに高さを出していく設計になっていると感じました。

弾道の強さという点では“可 (6.5点)”という評価になりますが、ボールが上がりづらいというゴルファーには明確に恩恵がある弾道!個人的にはロフト角9.5°も試してみたいなと思いました。

直進性:優 (8.0点/10点満点)

直進性は高いです。大型のヘッドをまっすぐに振り下ろせば、しっかりとボールをとらえて、狙ったところにまっすぐボールを運んでくれました。スライスやフックは皆無と言ってよかったです。

逆に、操作性については皆無と言ってよさそう。ボールを意図的に曲げようとすれば、かなり極端なスイング軌道が必要になると思いました。

つかまりに関しては、そこそこ。ヘッドが上手く返らずに右方向に打ち出す打球も少し見られましたが、概ねターゲットに向けてまっすぐ~ややつかまり気味に打っていくことが出きました。

寛容性:良 (7.5点/10点満点)

寛容性は、比較的高いかな・・という印象。慣性モーメント10K (10,000)越えということで、かなりの寛容性を期待していたのですが、劇的なものではなかったというのが正直な感想。

もちろん、Qi10 シリーズ3モデルでは最も高いですし、従来のテーラーメイドのドライバーと比較すれば、かなりやさしくなっています

それでも、同じ2024年モデルとなるPARADYM Ai SMOKEシリーズにはちょっとだけ負けているかな・・という印象。

ミスヒットに対する基本的な寛容性の高さは感じつつ、期待ほどではなかった・・というのが本音です。

飛距離性能:可 (6.0点/10点満点)

飛距離性能は、やや物足りなかったです。メーカとしては「寛容性を高めつつ飛距離性能を落とさない」というコンセプトでしたが、個人的には飛距離性能が少し犠牲になってしまっているのかなという印象でした。

大型ヘッドの鈍重さが影響したのかヘッドスピードも思ったように上がらず、飛距離性能という点では苦戦してしまいました。

総評:良 (7.3点/10点満点)

メーカーの意図する「やさしさ」が存分に詰め込まれた出来になっているな・・というのが、まず感じたことでした。

直進性の高さやオートマチック感、ミスヒットに対する寛容性といった「やさしさ」に関する部分がいずれも高いレベルで実現できています。

特に、テーラーメイドのドライバーでやや足りなかった、オートマチック感や寛容性といった項目が、ライバル他社に肉薄してきたな・・と強く感じました。

そういった意味で、テーラーメイドにとっては、新たな地平に一歩踏み出したようなモデルになると思います。

 

飛距離性能についてはやや厳しい評価となりましたが、寛容性とのバランスで考えれば、それほど悪くはないかな・・というのが本音です。

もっと寛容性を上げることもできると思いますが、その場合にはさらに飛距離性能が犠牲になる可能性があるのが悩ましいところ。

寛容性だけで言えばPARADYM Ai SMOKEシリーズの方が高そうですが、飛距離性能とのバランスを考えればこのQi10 MAXが勝っていると感じました。

 

対象となるのは、概ねアベレージゴルファーになると思います。飛ばしも寛容性も高いレベルで追求したい!という方が最もあてはまりそう。

個人的には、今回のフレックスSはヘッドの特性とマッチしていないと感じたので、RやSRでも試してみたいところ。

購入を考えている方は、是非フレックスには注意してほしいと思います。

 

慣性モーメント10K (10,000)越えとして、今年の代表作になるであろうモデル!テーラーメイドの新境地となる一本であることは、間違いないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です