ピン i525アイアン 試打評価 高い飛距離性能とミスヒットへの寛容性が秀逸!

ピンのi525アイアンを試打してみました!

前回に引き続き、ピンのレンタルクラブサービスを利用しての試打評価および感想となります!

i525アイアンを試打してみた感想は・・

  1. 高い飛距離性能とミスヒットへの寛容性が秀逸
  2. ブレードタイプで見た目もかっこいい
  3. 実戦で結果を出せるアイアン!アベレージゴルファーにお勧め

 

ピン i525アイアン PING i525 Irons

コンセプトは、操れる、飛び系。ちょいブレード

いわゆる「飛び系」に分類されるアイアンになります。

飛びの性能に加えて、「抜群の操作性&寛容性」も狙っているとのこと。

また「ブレードタイプアイアンの特徴であるシャープな形状」とのことで、見た目にもこだわっているようです。

 

メーカーの意図した「飛びの性能」や「操作性&寛容性」は実現できているのか?

アベレージゴルファーの目線で試打してみました。

 

試打クラブ #7 ロフト角29° シャフト:N.S.PRO 850GH neo (フレックスS)

40歳台後半、平均スコア90台、ヘッドスピード 40m/s前後のアマチュアゴルファーの評価および感想です。

 

外観

ピン i525アイアン バックフェース

バックフェース。

いわゆる「ブレードタイプ」のアイアンで、すっきりとした形状です。

 

ピン i525アイアン ソール

ソールの外観。

比較的大きめのソールで、安心感がとても高いです。

 

ピン i525アイアン フェース面

フェース面。

極薄で高強度のマレージングC300フェースが採用されているとのこと。

 

ピン i525アイアン 横方向

横方向からの眺め。

トップブレードは適度な厚みがあります。

ソールもやはり太目で、安心感がありますね。

 

ピン i525アイアン トップブレード

地面に置くと、ターゲット方向に対してすんなりと構えやすかったです。

フェースは小さすぎず大きすぎず、絶妙な大きさ。

トップブレードも適度な厚みがあってとても安心感のある外観でした。

 

振り抜き感、打感・打音

シャフトはN.S.PRO 850GH neo 、フレックスはS。

ピン i525アイアン シャフト (N.S.PRO 850GH neo)

持ってみた印象としては、ちょっと軽めかな・・というもの。

いわゆる最近の「軽硬」に分類されるシャフトで、振り抜きは悪くないもののシャフトのしなりはあまり感じることができませんでした

ヘッド自体もおそらく軽めで、ヘッドとのバランスはよさそうだなと思いました。

 

打ってみて感じたのは、弾き感の強い打感

いわゆる複合素材らしい打感でしたが、やや手ごたえも感じられるものでした。

打音はやや甲高い「パシッ」という音。打感にマッチしていて、大きな違和感はありませんでした。

 

打感、打音は総じて「合格点には、何とか達しているかな・・」という印象。

極端に悪くはないですが、惚れ惚れするといったものではありませんでした (あくまで個人の感想です・・)。

 

球の上がりやすさ、寛容性

#7でロフト角29°ですので、いわゆる飛び系アイアンとしては「標準的」なロフト角だと思います。

打ってみると、低い打ち出しから低スピンでズドンと棒玉で飛んでいく打球でした。

最近の飛び系アイアンには「このロフト角で、こんなに弾道が高いの?」というモデルもいくつかありましたが、このアイアンではそこまでの弾道の高さはなかったです。

あくまで、ロフト角なりの弾道の高さだと思いました。

私が#7に求める弾道の高さには、やや足りていなかったです。

 

ミスヒットへの寛容性はかなり高いです!

左右、上下の打点ブレに強く、かなりクラブが助けてくれました。

 

直進性はとても高かったです。

というか、まっすぐ飛んでいく打球しか出ないといった感じでした。

操作性を求めるゴルファーには、やや物足りないかもしれません。

しかし、この安定感はアベレージゴルファーにとってはかなり恩恵が高いだろうな・・と思いました。

 

飛距離は、私のヘッドスピード (ドライバ-で40 m/s前後)でキャリー150ヤード前後。

低い弾道で力強く飛んでいきます。飛距離性能としては申し分ないと思います。

ただ、ランディングアングルはちょっと厳しいかな・・と思いました。

個人差はあるかもしれませんが、私の印象ではグリーン着弾でボールが止まってくれるか不安に感じる弾道ではありました。

 

総評

強く感じたのが、「飛び系アイアン」としての個性がはっきり出ているクラブだなということ。

重きを置いているのが、飛距離性能と寛容性

その分、やや犠牲なってしまっているのが弾道の高さや操作性かなと思いました。

打感や打音は好みの範囲なので何とも言えませんが、やや中途半端かなと思いました。

弾き感の強い打感であれば、もう少し軽やかさが欲しいかなという印象です。

 

こういった個性がはっきりしているクラブは、個人的にはとても好印象です。

それに、なんだかんだと実戦でかなり結果を出してくれそうだな・・と思いました。

飛距離性能と寛容性を重視するゴルファーには、間違いなくお勧め!

その点では、対象はやはりアベレージゴルファーが中心になると思います。

 

個人的には、シャフト (850GH neo)がやや軽すぎたかな・・と思いました。

可能であればご自身にあったシャフトをフィッティングしてもらった方が、このアイアンのよさが引き出せそうだなと思いました。

 

この原稿を書いている時点 (2022年7月)では、PINGの最新アイアンとなります!

気になる方は、是非一度試打してみてください!

i525アイアン購入ならフェアウェイゴルフUSA

アメリカからの正規ライセンス商品で、シャフトカスタムも充実。

購入はこちらから

 

関連記事

ピン G430 MAX ドライバー 試打評価 「快音!」の実現と、力強く安定した弾道!

ピン i59アイアン 試打評価 安定した縦距離と少ない左右ブレ!弾道の高さも特筆!

PING i59アイアン 試打評価 (ショートレビュー) 振り抜きと「抜け」感が最高!

PINGレンタルクラブサービス とっても便利にPINGの試打クラブをレンタルできます! 

※ ピンのクラブ試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です