PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー パワーヒッター向けぶっ飛びモデル!

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー

こんな方におすすめ!

  • つかまり過ぎを抑えた強弾道で飛ばしていきたいパワーヒッター
  • 高い寛容性を求める中上級者

総合評価 7.9点/10点満点

  • 飛距離性能 8点
  • 弾道の強さ 8点
  • 弾道の安定感 7.5点
  • 寛容性 7.5点
  • 構えやすさ 8.5点
  • 打感、打音 8点

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバーを試打した感想は・・

  1. スピン量を抑えた強弾道で「ぶっ飛ばせる」パワーヒッター向けドライバー
  2. 上級者が好む本格的な打感、打音が秀逸

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー

年始の恒例となっている、キャロウェイ新作モデルのリリース!2024年モデルは、PARADYM Ai SMOKEシリーズとなります!

シリーズの特徴としては、25万人分、総数100万以上のスイングデータをインプットしてAiに設計させた「Aiスマートフェース」

この進化したフェースのおかげで、近年のキャロウェイで必ず採用されていたJAILBREAKテクノロジーが非搭載になったとのこと。フェース全体がスイートスポットのように働き、スイング軌道や打点の違いによるロスを抑えるとのことで、ミスヒットに対する高い補正力が期待できるとのこです。

詳細については、PARADYM Ai SMOKE MAXドライバーのホームページをご確認ください。

 

今回試打したPARADYM Ai SMOKE MAXドライバーは、シリーズ4機種の中で標準モデルという位置づけ!

前モデルにあたるPARADYMドライバーは、なかなかつかまらずに苦労した記憶がありますが、今作はどのようになっているか? 飛距離性能や寛容性、直進性などにも注目しながら、試打してみました!

外観

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー

MAXドライバーに特徴的なのが、後方に搭載されているペリメーター・ウェイトFADE、DRAWを調整できるスライド式のウェイトで、重量は14gとなっています。

また、前作では見られなかった前方のスクリューウェイト (2g)を搭載。重心を前目にして、強弾道を狙っているのかな・・という印象でした。

 

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー フェース

フェースは、かなりディープ!

 

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー ボディ

横方向からの外観。

後方へのストレッチは抑えめで、ファット (太め)なボディだと思いました。

 

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー 後方

後方からの眺め。

 

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー ネック

ネックには、ロフト角およびライ角調整が可能な、アジャスタブルホーゼルが搭載されています。

 

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー クラウン

投影面積は、標準~やや小さめといった印象。

同時に試打したMAX DやMAXFASTと比較すると明らかに小さかったです。後方への張り出しが抑えられている印象で、塊感が強い顔つきだな・・と思いました。

 

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー アドレス

アドレスしてみると、フェースの向きはターゲット方向に対して若干の逃げ顔。とは言っても標準的な投影面積のおかげか、フェースが比較的容易にターンしてつかまえてくれそう・・という雰囲気もありました。

違和感なくスッと構えることができた一方、塊感のある顔つきからは難しさも感じられ、なかなか複雑な外観だなと思いました。

振り抜き感、打感・打音

試打クラブのシャフトは純正となるTENSEI 50 SLV/BLU for Callaway、フレックスはSでした。

PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー シャフト

手に取ってみての重量感は、そこそこ重め。扱いきれないほどではないものの、やや手ごわさを感じる重量感でした。

ワッグルしてみると、シャフトはかなりしっかり目という印象。素振りをしても、しなりをほとんど感じず。クラブの重量感も手伝ってかなり、歯ごたえのある振り心地でした。

 

振り抜き感は、ヘッドが一定の軌道をトレースするような印象。個人的には、体幹からヘッドが遠ざかるような軌道を描く振り抜き感で、ヘッドのコントロールがかなり難しそうだなと感じました。

 

打感は、Ai SMOKEシリーズに共通した、フェースのたわみ感とトランポリンのように弾き飛ばす感触が混在したもの。今回はトリプルダイヤモンド以外の3モデルを試打しましたが、最もトランポリ感が強かったです。

打感は「ボスっ」という力強い音。打感、打音とも上級者が好みそうな本格的なもので、素晴らしいなと感じました。

弾道、寛容性、飛距離性能

試打クラブは、ロフト角10.5°のモデルでした。

5球を打っての弾道測定器スイングキャディ SC4のデータは、以下のとおりです。

弾道の高さは中程度~やや低めといったところ。打ち出し角はやや高め (15.5°)で、そこからはふけ上がらずにぐんぐんと前に進んでいく球筋でした。

スピン量は2734rpmと、ほぼ理想的。同時に試打したMAX Dドライバーが3237rpmでしたので、本作はスピン量を抑えて弾道を強くしているという結果になりました。

 

つかまりに関しては、かなり厳しめ!MAX Dでも個人的にはつかまりが物足りなかったことを考慮すると、当然かもしれませんが・・。

フックグリップにして意図してつかまえに行っても右に出る打球がほとんどで、正直私レベルでは難しかったです。

 

寛容性は比較的高いと思いました。同時に試打したMAX D、MAX FASTとほぼ同等かな・・という印象。

とはいえ、やや小ぶりな投影面積の影響か、大き目のオフセンターでは飛距離ロスや左右の曲がりが生じるという結果になっていました。

このモデルを使うレベルのゴルファーであれば問題ないかもしれませんが、個人的にはつかまりの悪さも相まってなかなか弾道が安定しませんでした。

 

飛距離性能は、そこそこかなといったところ。同時に試打したMAX Dより少しだけ飛距離アップしており、スピン量の低減とふけ上がりの抑制がその要因と考えられました。

とはいえ、飛び様を見ていると、もっと高い飛距離性能を持っていそうだな・・という印象。私レベルでは、このドライバーの飛距離性能を引き出せなかった・・というのが正直な感想でした。

総評

しっかりと振りきれずに、苦戦してしまったな・・というのが試打を終えて感じたことでした。

要因としては比較的がっちりとしたシャフトや、重めの総重量といったことが挙げられますが、最も大きな原因と考えられたのがヘッドの挙動がうまくコントロールできなかったこと。

低重心化が影響しているためか、ヘッドが垂れてしまったり体幹から遠ざかるようなスイング軌道になってしまい、スイングスピードが上がらないという結果になってしまいました。

精一杯振り抜いてこの結果でしたので、私にはオーバースペックだったと言わざるを得ないと思います。扱いきれないという程ではないものの、まあハードなモデルでした・・

 

逆に言えば、この平均スイングスピード (34.8m/s)でキャリー178ヤード、トータル201ヤードはこのドライバーのポテンシャルの高さを物語っているのかもしれません。

もっとパワーがあってヘッドの挙動をコントロールできることができれば、驚くような飛距離が出せるかもしれないな・・という期待感はありました。

 

対象となるのは、つかまりを抑えて飛ばしていきたいパワーヒッターだと思います。

ヘッドスピードはこのモデルで43m/sくらいは欲しいところ。これぐらいのパワーがないと、ヘッドのポテンシャルを生かしきれなさそう。

ヘッドの挙動をコントロールする技量もそれなりに求められますので、平均スコアも最低80前後は必要かと思いました。

 

私には扱いきれませんでしたが、パワーと技量に自信のある方が打てば、とんでもない結果が出そう

それにしても、この上のトリプルダイヤモンドは、いったいどれくらいハードなんでしょうか・・ (苦笑)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です