PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー 絶妙な軽量感と高い寛容性!

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー

こんな方におすすめ!

  • 軽量なドライバーでヘッドスピードを高めて、飛ばしたい
  • 安定感と寛容性を重視したドライバーショットを打ちたい!

総合評価 8.3点/10点満点

  • 飛距離性能 8点
  • 球の上がりやすさ 8.5点
  • 直進性 8点
  • ミスヒットに対する寛容性 9点
  • 打感、打音 7.5点
  • 扱いやすさ 8.5点

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバーを試打した感想は・・

  1. 絶妙な軽量感で、ヘッドスピードおよび飛距離の向上が期待できるドライバー!
  2. Ai SMOKE シリーズとしての統一感も感じられる、高い安定感と寛容性が秀逸!

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー

キャロウェイの2024年新作モデルとして、1月5日に発表となったのがPARADYM Ai SMOKE シリーズ!同シリーズの最軽量モデルとなるのが、今回試打したMAX FASTドライバーとなります!

前作となるPARADYM MAX FASTドライバーは、その軽量感によるフルスイングか気持ちよかったことが印象に残っていますが、今作はさらに4gの軽量化が達成されており、さらなる扱いやすさが期待できそう!

飛距離性能や寛容性といった点にも注目しながら、興味深く試打してみました。

外観

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー

ソールの外観。同時に試打したMAX Dドライバーと、ほとんど違いはなかったです。

マーブル風のデザインに煙を連想させる模様が入っていて、クールな印象!

 

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー フェース

フェースは、今作の最大の特徴であるAi スマートフェース! いわゆる「ビッグデータ」が反映されたフェースで、時代を感じますね・・。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー ボディ

横方向からの外観。MAX Dと比較すると、若干シャロ―になっているかなと思いました。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー 後方

後方からの眺め。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー ネック

ネック部分の外観。前作から引き続き接着式となっていて、軽量化に貢献しているようです。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー クラウン

クラウンは、カーボン調の鏡面仕上げ。色はやや濃い目のグレーで、やさしさが感じられる色合いだと思いました。

投影面積は大きい後方へ大きく張り出していて、鈍重さも感じてしまう程の大きさでした。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー アドレス

アドレスしてみると、フェースはターゲット方向に対してほぼスクエア

ボールが相対的に小さく見えてしまう程の投影面積が大きさが、やはり特徴的!

いかにも慣性モーメントが大きそうだなという雰囲気で、フェースのどこに当たってもしっかりと飛ばしてくれそうだなという印象でした。

振り抜き感、打感・打音

試打クラブのシャフトは、TENSEI 40 BLU/SLV for callaway、フレックスはRでした。

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー シャフト

持ってみた重量感は、軽め。総重量は272gとのことで、競合しそうなゼクシオ13ドライバーよりも9g軽い作りとなっています。

ワッグルしてみてると、純正シャフトのフレックスRらしく大きめのしなりを感じました。

素振りをしてみると、意外にも切り返しでは粘ってくれて、インパクト付近での軽快な走り感を感じることができました。

フレックスRながら、素振りの段階では頼りなさは感じず。個人的には適度なしなりを生かして、飛ばせそうだなという印象でした。

 

打感は、今回のAi SMOKEシリーズに共通したフェースへの食いつき感と弾き感が混在したもの。

食いつき感6割、弾き感4割といった印象で、同時に試打したMAX Dよりも少しだけ弾き感が増していました。

“SMOKE”のネーミングらしい、くもり気味の余韻も感じられ、いい意味で個性的な打感だなというのが正直な感想。

打音は「ピシっ」という弾き感がやや強調された音。とはいっても、甲高い音ではなく、軽快感が加わった耳障りのいい音だと思いました。

弾道、寛容性、飛距離性能

試打クラブは、ロフト角10.5°のモデルでした。

5球を打っての弾道測定器スイングキャディ SC4のデータは、以下のとおりです。

PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー データ

打ち出しから高めに上がって (打ち出し角15.1°)、若干ふけあがるように上昇していく軌道でした。

最高到達点は20.9m。スピン量は3037rpmで、やはりふけあがり気味になっているという試打データでした。

個人的には、もう少しスピン量を抑えてほしいところ。シャフトも影響しているかもしれませんが、どちらかというとキャリーで飛ばしていくセッティングになっているのかな・・という印象でした。

 

つかまりに関しては、まあまあといったところ。同時に試打したMAX Dよりも若干強くなっているものの、「しっかりとつかまえてくれる」という程ではなかったです。

ゼクシオやブリヂストンなどの国産ブランドと比較すると、つかまり感はかなり控えめ。MAX D同様に、少しだけフックグリップにしてちょうどまっすぐに飛ばせるといった球筋でした。

 

寛容性は、かなり高いと思いました。かなりオフセンターでヒットしても、ヘッドの性能で左右及び縦距離をまとめてくれるといった印象。

ROGUEシリーズを彷彿とさせるカバー力で、ミスヒットに対する寛容性を高めることに重点を置いた作りになっていることが推測されました。

 

飛距離性能はまあまあといったところ。軽量化の恩恵かと思いますが、同時に試打したMAX Dよりもヘッドスピードが速くなり、キャリーおよび総飛距離いずれもMAX Dを上回りました

キャリー平均で187.4ヤード、トータル平均で209.4ヤードという結果。個人的には、もう少し飛んでほしかったな・・というのが正直な感想。

とはいえ、軽快に振り抜けつつ当たり負けせずにしっかりと飛ばしてれる技術は、素晴らしいなと感じました。

総評

Ai SMOKEシリーズの軽量ドライバーとして、その特性をしっかりと「飛ばし」に生かしているドライバーだなというのが第一印象でした。

とにかく軽快に振り抜けるので、ヘッドスピードの向上は期待できます。実際に今回の試打でも、標準モデルより約1-2m/s程度がスピードが向上し、しっかりとキャリーも伸びるという結果になっていました。

もう少し気温が上がってくればさらに飛距離も伸びるとは思いますし、軽量モデルとはいえ、その“飛び”のポテンシャルは決して侮れないなと思いました。

 

打感や打音、飛びざまについて、標準モデルとほぼ同等の本格感が感じられたのも印象的でした。

さらに、ミスヒットに対する寛容性の高さも標準モデル同様に素晴らしかったです

様々な点で、軽量のアベレージモデルにありがちな安っぽい作りになっていないのが、好印象でした。

 

大きな欠点は、ほとんどありません。が、あえて言えば、MAX D同様につかまりがやや物足りないことがあげられるかもしれません。

ライバルとなりそうなゼクシオ13ドライバーと比較すると、明らかに、つかまえてくれるドライバーではないです。

少し油断すると、右へのすっぽ抜けも容易に出ていました。この手のドライバーであれば、もう少しだけつかまりを加えてくれた方がよさそうだな・・と感じざるを得ませんでした。

 

対象となるのは、軽量ドライバーでスイングスピードを高めて、飛ばしてきたいというゴルファー

基本的にはアベレージゴルファーが中心になると思いますし、体力に不安が感じられるようになってきた年齢層の方にはかなりハマりそう。

もちろん、パワーにはちょっと自信がない・・という多くの方にも積極的に試してほしいモデルです。

 

前作のMAX FASTの試打評価では「軽さは武器だ!」と書きましたが、今作も間違いなく武器になっていると思います。

個人的にも、このMAX FASTが最適かな・・というのが正直なところ。

軽量感と扱いやすさに加えて、結果もしっかりと出せるクラブとなっているので、多くの方に試してほしいです!

関連記事

※ キャロウェイのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です