PARADYM Ai SMOKE MAX Dドライバー  寛容性と安定感がさらに向上!

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー

こんな方におすすめ!

  • ミスヒットによる左右のブレや縦距離の誤差を、できるだけ少なくしたい
  • 一発の飛びよりも、安定感を重視したい!

総合評価 8.0点/10点満点

  • 飛距離性能 7.5点
  • 球の上がりやすさ 8.5点
  • 直進性 8点
  • ミスヒットに対する寛容性 9点
  • 打感、打音 7.5点
  • 扱いやすさ 7.5点

PARADYM Ai SMOKE MAX Dドライバーを試打した感想は・・

  1. ミスヒットに対する高い補正力が秀逸!弾道の安定感も高い
  2. つかまりに関しては、そこそこといったところ・・
  3. フェースへの食いつき感が7割、弾き感が3割の打感が気持ちいい!

PARADYM Ai SMOKE MAX Dドライバー

キャロウェイからリリースされた2024年モデルが、PARADYM Ai SMOKEシリーズ!今回試打したMAX Dは、つかまりを重視した「ドローバイアス」モデルです!

メーカー説明では「適度なドローバイアス」とのことで、極端につかまえてくれるモデルではなさそう。

飛距離性能やミスヒットへの寛容性、つかまりの程度がどのようになっているのか?興味深く試打してみました!

外観

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー

ソールの外観。前作同様のマーブルっぽい雰囲気の中に、スモーク (煙)を連想させるデザインとなっています。

後方には、7gのスクリューウェイトが搭載されています。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー フェース

フェースは、新技術となるAiスマートフェース!そこそこのディープフェースだな・・と思いました。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー ボディ

横方向からの外観。ドローバイアスモデルですが、「塊」感の強いボディだと思いました。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー 後方

後方からの眺め。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー ネック

ネック部分の外観。

ロフト角およびライ角調整が可能な、アジャスタブルホーゼルが搭載されています。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー クラウン

クラウンは、カーボン調の鏡面仕上げとなっています。色はグレーでした。

投影面積は大きい後方へ大きく伸びており、さらにネック部分のボリュームがあって、いかにもつかまりがよさそうだなという顔つきでした。

 

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー アドレス

アドレスしてみると、フェースはターゲット方向に対してほぼスクエア!ドローバイアスモデルですが、つかまり顔ではなかったです。

ボールが相対的に小さく見えてしまう程の投影面積の大きさで、安心感は高め!

フェースのどこに当たってもオートマチックに飛ばしてくれそうだな・・という雰囲気でした。

振り抜き感、打感・打音

試打クラブはのシャフトはTENSEI 50 SLV/BLU for callaway、フレックスはSでした

PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー シャフト

手に取ってみての重量感は、適正~若干重めといったところ。

ワッグルしてみると、シャフトは結構しっかり目。とはいえ、ガチガチというほどの硬さではなかったです。

素振りをしても、シャフトのしなりはほどんどなし。個人的には「もう少し走ってくれるとありがたいな・・」という印象でしたが、扱いきれないほどの硬さではありませんでした。

 

打感は、フェースへの食いつき感が7割、弾き感が3割といったところ。

トランポリンのようなフェースのたわみを感じたのち、そのたわみを利用してぐっとボールを押し出すような打感でした。

打音は「ビシっ」いうやや高めながら本格的な音!打感、打音ともに全く不満はなく、気持ちよく試打を続けることができました。

弾道、寛容性、飛距離性能

試打クラブは、ロフト角10.5°のモデルでした。

弾道測定器スイングキャディSC4での5球を打っての試打データは、以下のとおりです。(今年から、スイングキャディSC4を導入してみました!)

弾道の高さは中程度~やや高め。打ち出しから高めに上がり (打ち出し角15.4°)、ややふけあがるように上昇していきました。

最高到達点は20.1m。スピン量も3237rpmで、個人的にはもう少し「前へ」の推進力が欲しかったなという印象。

 

つかまりに関しては、標準~やや弱めでした。MAX Dなので基本的にはつかまり重視の設計となっているはずですが、ドローバイアスと言えるかは微妙だな・・というつかまり具合

個人的には、このMAX Dでほぼニュートラルかなという印象。少しだけフックグリップにして、やっとつかまるかな・・という球筋でした。

 

寛容性はとても高いと感じました。どちらかというとROGUEシリーズを彷彿とさせる雰囲気があり、とにかくミスヒットには強いと感じました。

慣性モーメントも上がっている印象で、打点ブレにはとにかく強かった!左右のぶれや横方向への曲がりもかなりおさえられていて、安定して直進性の高い打球を連発することができました。

 

飛距離性能は、そこそこといったところ。スイングスピードがやや振るわなかった結果であるのは重々処置していますが、個人的には不満が残りました。

総評

まず印象に残ったのは、ROGUEシリーズを思わせる安定感と高い寛容性!メーカーの謳っている「フェース全体がスイートスポットのように働き」は決して言い過ぎではなく、本当にどこに当たってもほぼ同じ弾道となってくれるのが印象的でした。

打点の安定しない私のようなアベレージゴルファーにとってはかなりの恩恵をもたらしてくれそう。とにかく、新しいフェースの実力はかなり高と思いました。

 

一方で飛距離性能については、その安定感と高い寛容性と引き換えにちょっと控えめになっているのかな・・と感じました

データ上も不満が残りましたし、打っていても「飛んでるな!」という実感があまり感じられなかったというのが正直な印象。

もう少し暖かくなって打ってみれば変わってくるかもしれません (試打当日は間違いなく氷点下の気温でした・・)が、前作よりも明らかに飛距離アップしているなという印象には乏しかったです。

 

対象となるのは、そこそこのつかまりを求める中上級者といったところかと思いました。

重量感も割としっかり目ですし、無条件でやさしく飛ばしてくれるというドライバーでは決してないと思います。

スコアとしては最低100をコンスタントに切るようなゴルファーでないと、厳しそう。また、ヘッドスピードは40m/s前後はないと厳しいかなと思いました。

 

2024年一発目のクラブは、正直なかなかハードでした!

とはいえ、確実に向上しているミスヒットへの寛容性や安定感は、さすがキャロウェイといったところ!

極端なドローバイアスまでは必要ない・・いうゴルファーには、特にお勧めです!

関連記事

※ キャロウェイのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です