ピン ブループリント S アイアン 評価 程よい寛容性と適度な操作性を両立!

ピン ブループリント S アイアン

こんな方におすすめ!

  • 程よい寛容性適度な操作性を求める上級者!

総合評価: (7.8点/10点満点)

  • 構えやすさ:優
  • 振り抜き感:良
  • 打感、打音:優
  • 弾道の高さ:優
  • 操作性:優
  • 寛容性:良

(秀、優、良、可、不可 の5段階で各項目を評価)

ピン ブループリント S アイアンを試打した評価は・・

  1. 上級者向けモデルとして、程よい寛容性と適度な操作性を高次元で両立させたアイアン!
  2. ガシッとした感触が手に残る打感が印象的!

ピン ブループリント S アイアン

2024年2月8日にピンから発売が開始された上級者向けアイアンが、ブループリント!前作は1機種のみでしたが、今作からは“T”と“S”の2機種構成となっています。

今回試打したのは、ブループリント S アイアン! ピュア マッスルバックの“T”とは異なり、キャビティバックの要素も見える外観となっています。

ツアーモデル アイアンとして、どのような性能になっているか?同時に試打した“T”とも比較しながら、試打してみました!

外観

ピン ブループリント S アイアン

バックフェースの外観。「FORGED」の文字が見えますが、軟鉄一枚モノではなく複合素材で構成されたヘッドのようです。

詳しくは、メーカーホームページをご確認ください。

 

ピン ブループリント S アイアン ソール

ソール幅は、ツアーモデルらしく引き締まっていました

ブループリント Tと比較すると、少しだけ太いかな・・という印象。

 

ピン ブループリント S アイアン フェース

フェースの外観。トゥ側がツン!と立っていた“T”と比較すると、少しだけ高さが絞られ、ツンツン感が少なくなっていました。

 

ピン ブループリント S アイアン ボディ

横方向からの眺め。極薄だったTのトップブレードと比較すると、少しだけ厚みが増しています

ボディ全体も低重心感が見られ、腰高だったTよりも「どっしり」した印象になっていました。

 

ピン ブループリント S アイアン ネック

ネック部分の外観。

 

ピン ブループリント S アイアン トップブレード

ストレートネックだった“T”とは異なり、少しだけですがグースが入っていました

ネック部分が少し太くなっていて、細くて繊細な外観だったTよりも、いい意味で“大雑把”な雰囲気が出てきていました。

構えやすさ:優 (8.0点/10点満点)

ピン ブループリント S アイアン アドレス

アドレスしてみるとヘッドの座りは良好で、ターゲット方向にスクエアに安定して構えることができました。

ブレード長が短く、ボールが相対的に小さく見える小顔!とはいえ、程よい太さのトップブレードや少し厚みのあるネック周りからは、分厚く弾き飛ばしてくれそうだな・・とも感じられる外観でした。

構えた印象としては「緊張感と安心感のバランスが絶妙!」と感じましたので、高めの評価としました。

振り抜き感:良 (7.5点/10点満点)

試打クラブのシャフトは、N.S.PRO MODUS3 TOUR115 のスチールシャフト、フレックスはSでした。

ピン ブループリント S アイアン シャフト

持ってみた重量感は、重め

素振りをしてみるとTよりも重心距離が長くなっているのか、ヘッドが体幹から遠ざかろうとする動きが少しだけ感じられました。

それでも、MODUS 115がうまく制御してくれている雰囲気で、ヘッドとシャフトのバランスは良好だと感じました。ッドの挙動も大きな違和感はなく、素直に振り抜くことができました

打感・打音:優 (8.0点/10点満点)

打感は、弾き感が7割、ボールのつぶれ感が3割といったところ。カリッとしたクリスピー感が印象的だったTと比較すると、本格感は上回っているな・・と感じました。

ガシッとした手ごたえが手に残り、個人的には好印象!複合素材のヘッドですが軟鉄一枚モノを彷彿とさせる感触で、上級者にも好まれそうな打感でした。

打音は「バシッ」という乾いた強めの音。こちらも、打感にマッチした良音でした。

弾道の高さ:優 (8.0点/10点満点)

試打クラブはロフト角33°の#7でした。5球を打っての弾道測定器 (スイングキャディ SC4)によるデータは、以下のとおりです。

ピン ブループリント S アイアン 試打データ

打ち出し角は21.5°。ある程度ダウンブローで打ちこなせており、良好な振り抜き感のおかげかなという印象でした。スピン量は6438rpmで、#7としては十分なスピンが入っていると思いました。

最高到達点は24.7mで、こちらも十分な球の高さが出せていたと思います。Tと比較すると弾道途中での「めくれ」具合は若干弱まり、少しだけ弾道の強さが加わっていると思いました。

Tとほぼ遜色ない球筋で、グリーンキャッチも不安のない弾道!ツアーモデルとして素晴らしい性能を発揮しいているなと思いました。

操作性:優 (8.5点/10点満点)

操作性は、比較的高いと思いました。打ち手の意図やスイング軌道に敏感に反応していたTと比較すると、いい意味で少しだけ「鈍く」なった印象

意図的に曲げることもできるし、ある程度ヘッドのテクノロジーで直進性高く飛ばすことも可能といった、「いいとこどり」の操作性が実現していました。

スポーツカーで例えるなら、少しだけハンドルに「遊び」があって、ハンドル操作に極端にクイックではなく、だけどしっかりと応えてくれる・・そんな操作性でした。

寛容性:良 (7.0点/10点満点)

寛容性はそこそこといったところ。ミスヒットにシビアだったTよりは間違いなくやさしくはなっていますが、それでもお助け要素は決して高くはないです。

複合素材のヘッド、キャビティ風の外観からは、個人的にはもう少し寛容性は高めてほしいところ。

とはいえ、この手のアイアンを使う人からすれば十分なのかも・・と思わせてくれるだけの補正力は備えていると思いました。

飛距離性能

飛距離を追求するアイアンではありませんので、評価項目からは除いています。

試打していた時にはTより5~10ヤード飛んでいる印象ですが、実際にはほとんど変わりないという結果でした。

個人的にも、マッスルバックよりは10ヤードほど飛距離を伸ばしてほしいという気持ち。とはいえ、縦距離の誤差は少なく、安定して計算が立つ飛距離性能だと思いました。

総評:良 (7.8点/10点満点)

6項目の評価中、優が4項目で良が2項目! 総合評価も“優に近い良”という結果になり、バランスの良さがうかがえる評価となりました。

実際に試打していても、TとSだったら明確にSを選ぶだろうな・・と考えながら試打していました。それだけTはシビアさが目立っていましたし、Sは総合的に言っても「実戦で使えそう」なアイアンになっていました。

前作ブループリントをいい意味で2つに分けたなという印象。これにより選択肢が大きく広がったと考えます。それだけ差別化もしっかりとできていましたし、ピンらしい賢明なモノづくりができていると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です