ブリヂストン B2HT ドライバー 評価 扱いやすさとつかまり重視の高安定ドライバー!

ブリヂストン B2HT ドライバー

こんな方におすすめ!

  • 安定感のあるドライバーショットを打ちたい!
  • オートマチックにつかまえて飛ばしたい!

総合評価 8.3点/10点満点

  • 飛距離性能 8点
  • 球の上がりやすさ 8点
  • 直進性 8.5点
  • ミスヒットに対する寛容性 8.5点
  • 打感、打音 8点
  • 扱いやすさ 8.5点

B2HT ドライバーを試打した感想は・・

  1. 目玉技術「バイティングフェース」の性能を生かしつつ、つかまりと扱いやすさ、オートマチック感を加味したモデル!
  2. B1STをいい意味で「ダウングレード」することによって、バランスよく総合力が高い仕上がりになっている!

ブリヂストン B2HT ドライバー

ブリヂストンゴルフの2023年モデルとして9月8日に発売されているのが、Bシリーズのドライバー3機種 (B1ST、B2HT、B1LS)!

今回試打したB2HT ドライバーは、JGRやB2といったドライバーの後継モデルとなります。「大きく遠くに飛ばすB2HT」が商品コンセプトで、つかまりの良さを追求した「ドローバイアス」モデルです!

いわゆる、一般アマチュア向けに作られたドライバー! どのような性能になっているか、興味深く試打してみました。

外観

ブリヂストン B2HT ドライバー ソール

今作の特徴となっているのが、ソール後方に搭載された8gと2gの2個のウェイト。トゥ側を8gにすることで“MOI大”、ヒール側を8gにすることで“つかまり大”とすることができます。

フェース近くに搭載された「サスペンションコア (Sp-COR)」は、前作のB2 ドライバーに引き続き健在

 

ブリヂストン B2HT ドライバー フェース

2023年BSドライバー最大の特徴となるのが、「バイティングフェース」! 「インパクトの食いつきを強め、フェースの滑りを抑制」することにより、理想のスピンで飛ばすとのこと。

見た目にも「ガブッ」と食いついてくれそうな (笑)ミ―リング加工が、フェース全体に施されています!

 

ブリヂストン B2HT ドライバー ボディ

ボディは、塊感が強め! 後方へのストレッチもあり、低重心感のある外観だと思いました。

 

ブリヂストン B2HT ドライバー 後方

後方からの眺め。

 

ブリヂストン B2HT ドライバー ネック

ネック部分の外観。「バリアブル アジャスト システム」により、フェース角とライ角の調整が可能です。

 

ブリヂストン B2HT ドライバー クラウン

クラウンは、B1ST同様に黒一色鏡面仕上げ!カーボン長の網目模様が、うっすらと見えるデザインになっています!

投影面積は大きめB1STと比較すると、オートマチックにつかまえてくれそうだな・・という印象でした。

 

ブリヂストン B2HT ドライバー アドレス

フェースの向きは、ターゲット方向に対して少し左を向く「つかまえ」顔! 「かぶり気味」かな・・といったフェースの向きで、個人的には左へのひっかけが気になる外観

一方で投影面積が大きく、やさしさや安心感はしっかりと感じることができました

振り抜き感、打感・打音

シャフトは純正となるVANQUISH BS50、フレックスはSRでした。

ブリヂストン B2HT ドライバー シャフト

持ってみた重量感は、やや軽め。いかにも国産メーカーらしい軽量感で、扱いやすそうだな感じました。

素振りをしてみると、切り返しからインパクトにかけてシャフトのしなりをしっかりと感じました。ヘッドが遅れてついてくるような、振り抜き感。やはり、どちらかというとパワーに不安のあるゴルファーに向けたシャフトという印象でした。

 

打感は、B1ST同様に食いつき感がすごい!ボールのフェースへの乗り感や、フェースのたわみ感もしっかりと感じられました。一方で、これらの感触はB1STと比較するとマイルドになっていて、軽快な弾き感が加味されていました。

打音は、「ビシッ」という少し高めの音。いかにも「飛ばしています!」という力強さが強調された音で、耳に心地よかったです。

弾道、寛容性、飛距離性能

試打したクラブは、ロフト角10.5°のモデルでした。

弾道の高さは、中~やや高め! 試打前は高い弾道をイメージしていましたが、予想よりも低かったな・・というのが正直な感想でした。

低空飛行の飛び様は、中上級者向けドライバーに近い雰囲気。想定ユーザーを考えると、もう少し球をあげてくれた方がいいかも・・とも感じました。

 

つかまりは、かなり良好。少しひっかけ気味になってしまう弾道も散見され、ドローバイアスがやや強めかな・・とも感じました。

 

弾道の安定感は、とても高かったです。フェースの強烈な「食いつき」により余計なサイドスピンが発生せず、ボールの捻じれが大幅に低下! スライスやフックといった挙動は皆無で、直進性はとても高いと感じました。

 

ミスヒットに対する寛容性は、高いです。ヒットポイントを拡大することによって、飛距離ロスや左右ブレが最小限に抑えられていました。

 

飛距離性能は、そこそこかな・・という印象。ヘッドスピード40m/s前後の筆者で、キャリー180~190ヤード、トータルで200~210ヤードでした。一発の飛距離よりも、安定感を優先したセッティングかなと感じました

総評

目玉である「バイティング フェース」の性能を生かしつつ、つかまりと扱いやすさ、オートマチック感を加えてきたモデル B1STをいい意味で「ダウングレード」することによって、バランスよく総合力が高い仕上がりになっていました。

 

対象となるユーザーは、平均スコア100前後~中級者! アスリート向けの雰囲気が強いモデルですので、上達志向はあったほうがよさそうです。左への「ひっかけ」はやはり気になりますので、パワーのある上級者には厳しそうだなと思いました。

 

つかまりのよさや扱いやすさといった点で、日本人向けに作り込まれた素晴らしいドライバーです! 多くのアスリートゴルファーに訴求する要素が満載のドライバー! 気になる方は、是非試打してみてほしいと思います!

関連記事

※ ブリヂストンゴルフのクラブ試打評価は、こちら

※ これまでのゴルフクラブの試打評価は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です